「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
21:16:41
うーむ、終わってから書くのもいまいちなよーな。(苦笑

ほんとは昨日(というか午前様帰宅後)の内に書こうと思ったのですが、
反動睡魔との激闘の末負けてしまいました。
まだちょっとお眠なので、とりあえず雑感だけ。
ま、どーせ2~3時間で眼が醒めると思うので、石写真はその後。

今回のショーは…そうですね。
新宿よりはちょっとあったかな?とは思うもののやはりカゴは少なめでした。
なので、発掘品は余り無かったかも。

国別では、現地直結はパキスタン系とミャンマー系くらい。
パキスタン系はちょっと量的にも少なかった?かも。
景色の良い物を見付けたので買うには買いましたが、安いか…と
いうとちと微妙。ミャンマーは何時も通りの品揃えですが、掘り甲斐は
こちらの方が上でして、発掘品が一番多かったのは意外にもここ。

それと、ネパール系の店が今回出ていませんでした…これは痛い。
お陰でヒマラヤ系は全滅でした。(´・ω・`)
あるにはあったんですが、どれもちょっとお高くて…。

むしろ今回は国内店の隅っこが面白かったです。
普段買わない店での買い物が思いの他多く、お陰で図らずも色々
顔繋ぎが出来てしまったのはかなりプラス。
ルース屋での購入なんて初めてでした…買ったの原石だけですが。(笑

あ、あとKUROさんにもお会い出来ました。
これからもよろしくお願いしますです。(*´▽`)ノ

で、戦果の内目立ったものは以下。

・ブルガリア産 水晶と水晶&方鉛鉱クラスター
新宿の「こなせなかった宿題」を意外にも国内店でこなしました。
ここ最近値上がり気味&安くてもでかいのばかりでしたが、
お手頃サイズでまー適価、というもの。
実は初「ブルガリア産確定品」だったりして…。

・ボリビア産 ファントムアメシストポイント
でかい!(80x60x60mmくらい)
そして安い!(正札状態で1枚、無論値引きもしてもらいました!)
ぱっと見小汚い感じですが、破断面から見えるアメシストは素晴らしい
透明度と色味、そして外観は流石にダメージも剥離跡もありますが、
左程気にならない感じで「ワイルドさの一部」に纏まっております。
これはかなり嬉しい買い物でした。

・福島県産 犬牙状カルサイトポイント
日本産離れした実にご立派な淡黄色カルサイト。
サイズも堂々の70x30x30mm程で、表面がカテドラル状態に
多数のポイントから成っており、長石か何かのコートで渋い艶消し。
「実は○○(←海外)産なのよん」と言われても驚きません。
ボリビアと同じ店で購入。

・中国産 蛍石&硫砒鉄鉱&黄鉄鉱
自分的には「高級店」に属する店の隅っこで発見。
30mm四方くらいのかわいいサイズ。
硫砒鉄鉱を母岩に育ち、微細な黄鉄鉱がまぶされた素晴らしく
クリアな淡青緑系の一品。
一見ゾーニング…かと思いきや、中の紫部分は別途結晶した
蛍石in蛍石でいわば「ファントム蛍石」という技ありの子です。

・中国産 水晶&灰重石&蛍石&方鉛鉱
同じ店で購入、掘ってはいませんが今回最大の「掘り出し物」かも。
40mm高くらいの水晶を軸に、4種の鉱物が見事に共演。
灰重石が入ってるのでお高い…と思いきや、めっさ安かったです。

・メキシコ産 ベラクルスアメシストポイントx2
いつもWebの方でお世話になっているお店から購入。
やや歪な結晶形ながらダメージは無く、ベラクルスとしては中々の
サイズである40mmほどと50mmほどの2本。
「あること」のよしみでちょっと言えない値段までオマケしてもらいました。

…まだあるんですが、長くなりそうなのでこの辺で。
新宿同様「カゴがないよー」とぼやいていた割には十分な戦果?
しかもこれで想定予算以下に収まったので、満足はともかく
文句を言ったらバチが当る戦果だった…と言えるでしょう。

さて。
終了後の記事になってしまいましたが、皆様は今回いかがでしたでしょうか?
また画像は順次撮影していきます。

ひとまずはご報告までに。
出展者の皆様、参加者の皆様、お疲れ様でしたっ!!(*´▽`)ノ

BGM:Marillion「King」
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/99-fc93614c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。