「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2011/06/24
20:14:14
さて、本日の石日記も'11新宿ショー戦利品特集。

…の前に。
明日は私、OzBzのスタジオがございまして、ちょっと更新がどうなるか
今のところ判りません。
もしかしたら出来ないかもなので、予め。

で。
この特集も今回戦利品が絞られている事もあり、残すところ本日含め
後3回となって参りました。
今回は全体的に鉱物的にというより風景的に渋めの子が多く登場して
いる傾向にある訳ですが、本日の子はその極北かもしれません。
何せ鉱物としては、希産鉱物の代表格みたいなヤツですからね。
しかしそこに余り拘りが無い私、やっぱり風景で選んだのでこんな子でした。

方沸石&セラン石&錐輝石_カナダ1
結晶としては三流でしょーねぇ。(苦笑

複数画像なので折り畳みへ続きまする。
そんな訳でカナダはモンサンチレール産、方沸石・セラン石・錐輝石トリオ。
実サイズはサムネイル級の20x10x10mm程で、ごそごそした角柱状の
セラン石を母岩的存在にして錐輝石と方沸石が集ってます。
それぞれの結晶標本としてはいまいちだと思いますけど、何となくこの
各個配置が気に入ってしまってお迎え。
唯一残念な点は某米国店出身の常で、ケースの発泡スチロールに
接着されてしまっていた為に、その跡を除去するのが大変な事でしょうか。
いずれやるつもりではありますが、今はまだ下の方に見えちゃってますね。

しかし、こんな状態のセラン石ですが、場所によってはあの独特の
サーモンレッド(?)がきちんと見れたりもします。
方沸石&セラン石&錐輝石_カナダ1アップ1
これは悪くないカンジ。

正直、セラン石も少し前のペツォッタイトと同じく当分手にする事は
無いだろうと思っていた鉱物の1つ。
これも産地がほぼ全てここのみな上に元々産出が少なく、更に結晶が
それなりに見れるものともなれば更に少ないという条件が揃っている上、
とどめに人気があってそれを店側も客側も判っているので高価、と
お手頃品を探すには不利な条件が揃いまくった子な訳で。
実際、手の届く標本は何度も見ましたが、どうしてもぱっとしなかったんですよ。

でも、今回の子。
確かに「セラン石の標本」として見たらこれもぱっとする訳じゃないんですけど、
それを個人的には充分に補ってくれるオブジェ感があったという事で。
そんなこんなで、ちょっと変則的ながら結果的にセラン石も我が元に来たのです。
正直良く見てみれば案外とキレイな部分もありますし、何より盆栽的にヘタな
劈開片より遥かにいいですから、これで良かったと思ってます。
ってか劈開片でも充分これより高いのが普通にありますしね。

ちなみにラベルに記載されているのはこの3種のみですけど、標本自体には
もう1種、白~無色で柱状の別鉱物結晶が複数散見されます。
方沸石&セラン石&錐輝石_カナダ1アップ2
これこれ。

何せ産地が産地なので確かな事は言えませんけども、mindatで似た
スタイルの共産鉱物を調べて見ると、どうやら曹長石の場合が多いようで。
確かにコレも非常にそれっぽいですし、多分そうかなーと。
またセラン石の一部風化状態にある部分ですが、セラン石の変質鉱物としては
菱マンガン鉱になる頻度がかなり高い様子なので、ここもそうかも?と。
見た目には全然そんな感じではないですが、この産地の菱マンガン鉱自体が
ペルー等のものと違い褐色がかる傾向にあるので、一応。
まぁ全然違うかもしれませんが。(・ω・)

いかんせん、私自身他二種はまだしもセラン石については殆ど無知。
なので、この子に関しても第一印象の「いいスタイル」以上にここで
推すべき言葉はありません。
ありませんが、あえて推します。
いやー、ほんとにいいスタイル。(´ω`)

ええ、自己満足ですとも。(苦笑


BGM:Rush「The Big Wheel」

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/986-c95ac4db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。