「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
20:06:23
本日2発目、昨日に引き続き週末なので鮮やか君を。

灰電気石&菱苦土石_ブラジル1
じゅーしぃ。

ブラジル、バイア州はブルマド名産の灰電気石&菱苦土石です。
赤い方が灰電気石で、母岩の無~白色が菱苦土石。
どちらもこの産地が世界的産地であり、正に名物タッグですね。
実サイズは25x20x15mm程のサムネイル級、小さいながら非常に
双方結晶は端正で、透明度等もかなりいい感じです。
指先に乗りながらも世界的産地を実感出来る、私的にナイスな品。

よく言われるのですが。
赤と緑の石が好きで基本産地がブラジルだと話すと、それじゃ
この子…特に灰電気石の方は一杯持ってそうと。
ですが何故か、この産地のはこの1つしか持ってません。
他産地を考慮に入れても他に菱苦土石はゼロ、灰電気石も
以前ご紹介したミャンマー産の1個だけです。
何故かは自分でも理由は判りませんけどね。
確かに緑の方も欲しいですし、「1個でいいや」と言うには好みに
合うので惜しい石でもあるんですけど。
単に出会いがまだ薄いのかも。

個人的に、この灰電気石を見ると何時も思い出すのはアレ。
グレナデンシロップ。

何でこの石が今日目に付いたかって、多分こないだの新宿の
出費を受けて、行きたいけど週末呑みを自粛中だから。
お酒が酸素レベルで生きる糧の私には苦渋の選択なのですヨ。
でも、ほら、そこは節度ってやつで。
なのでせめても酒場を連想する石が目に付いたんでしょうねぇ。

…くっそう、呑み行きてぇなぁ。 orz


BGM:Rush「Vapor Trails」

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/972-611a9944
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。