「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
11:34:06
行って来ました2011新宿ショー土曜日。

2011新宿
これは終盤の映像。

今回節電の為&一部海外業者の不参加&防災(余震警戒)など
諸々の事情があり、何時もの2フロア構成ではなく1フロアのみに
絞られて開催された本ショー。
その分確かに大規模感は薄れたかもですが、中々どうして来客と
カオス度の高さはそこまで悪くなかったように思います。
ってかむしろ3月横浜が無かったせいか人出は多かったかも。
通路の広さなどは左程変化無いのですが、歩くのが何時もより
ちょいと厳しかったように思います。

石自体は正直目新しいものはあまり無く、いつものラインナップな雰囲気。
唯一目立っていたのはKUROさんもお書きでしたがブラジルブース1箇所で
纏まって出ていたフックサイト着き水晶くらいでしたか。
確かにアレはいいものでした、が、サイズと価格で様子見。(苦笑
後は大体各店得意分野をその通りにって感じです。
ま、何より皆さんお元気そうでほっと致しました。
個人的にはですが、比較的ツメブのお手頃品が見付けやすかったかな?
逆に重晶石がイマイチだったのは残念でしたが。

そうそう、何気に打ち合わせていた訳でもないのに、Kanaさん
Annfellさんは今回もばったり遭遇したんですよね。(笑
tomokoさん不参加は残念でした、また次回に。
あと出展なさってはおりませんでしたが、これまたたまたまCWさんも。
皆さんお疲れ様でした、今度はゆっくり出来るといいですね。

で、戦果はというとこんな感じ。
2011新宿戦果
背景が急増ティッシュですみません。

中々コンパクトに纏まりました、ってか見事にちっちゃい集団ですね。(´ω`)
価格的にも左のヤツは当然違いましたが、普段より下げたボーダーに
見事収まる形で収束致しました。
左のヤツについては…その…見事さと価格にヤラれまして。(苦笑
Kanaさん、私もビビアンに捕まっちまいましたよ。 ミ=■●_
結局全部合わせて1枚半くらいでした、かなりリーズナブル。

…まぁ捕まった分は呑み1回ガマンすればいいや。( ̄▽ ̄;


てな訳で新宿ショーでした。
ご参加の・出展者の・スタッフの皆様お疲れ様でした。
そして本日以降ご参戦の皆様に良い出会いのあらんことを。


BGM:Ben Folds Five「Uncle Walter」

スポンサーサイト


コメント
新宿ショー、お疲れ様でした(*^_^*)

かなり長い時間堪能されたんですね♪
とても盛況だったみたいで、いいなぁ、
写真拝見しただけで楽しそう~❤

ミニサイズの戦利品、TONGARIさんらしい
ラインナップって気がします!
楽しみにしてますね~
すでに一品アップして下さってますが(笑)

ひいらぎ│URL│2011/06/05(Sun)21:22:47│ 編集
Re: タイトルなし
ありがとうございます、ちょっと筋肉痛になりました。(笑

ミニサイズはやはりお財布にも住環境にも優しくて好きです。
まー、撮影には基本優しくなくなる傾向にもありますけど。( ̄▽ ̄;
その点今回は非常に手頃な感じで我が事ながら巧く行ったと思います。

ちなみに戦利品は撮影もまだです。
昨日のは既存の手持ち品ですよー。

TONGARI-Take│URL│2011/06/06(Mon)11:11:55│ 編集
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/961-24f93653
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。