「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
13:53:59
少し間が空いていたので、本日は穴埋め2回更新。
久々にペトロフ氏モノをいきましょう。

中々増えませんが、撮ってはいるんですよ?
でもやっぱこのサイズは強敵でしてね…。(苦笑

ペ4281A_輝沸石
まだ撮り易い方でした。

輝沸石(Healuandite)
(Ca0.5,Sr0.5,Ba0.5,Mg0.5,Na,K)9[Al9Si27O72]・~24H2O(※1
珪酸塩鉱物 単斜晶系
モース硬度3~3・1/2 沸石シリーズ・輝沸石系列の総称
割れやすく傷付きやすい

束沸石等と並ぶ沸石族の代表選手の一つ、輝沸石
インドから産する大型各種結晶はもはやお約束の一品
これは米コロラド産で、柘榴石のようなオレンジになったもの
発色の理由はいまいち判らないが、インクルージョンっぽい
サイズの割には万年筆の先型な結晶がちゃんと見える逸品
板状結晶の柱面、広い方に光を当てると独特の真珠光沢が出る
これは小さくても結構目立つので、見分ける時にかなりの武器に
透明度が高いものだとそれと相俟ってムーンストーンのような質感にも
とはいえ、野外で小さいものは充分難敵たりえるのだが
日本でも各地で産し、特に玄武岩・安山岩のある地域なら高確率
市場ではほぼ鉱物名扱いだが、実際には系列名
細分種としてNa・K・Ca・Ba・Srの各優位種が存在する
でも大体「輝沸石」で済まされちゃってる
不思議な愛嬌があるので、つい幾つも欲しくなる
市場でも中々人気、石好きさんなら1つは持っている確率が高そう

インドもいいですが、他地域の沸石も面白いですよ。


BGM:Led Zeppelin「Since I've Been Loving You」

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/924-0efd9bbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。