「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2011/04/24
20:31:39
さて、誰得な酸化マンガン鉱特集も本日でラストです。
最後は私的基本産地のアレとタッグで参りましょう。

水晶&軟マンガン鉱_ブラジル1
大分様相が違って見える。

複数画像なので続きへ。
という訳で本特集のトリを飾る一品、ブラジル・ミナスジェライス州は
御馴染みコリントより、軟マンガン鉱&水晶です。
実サイズは65x40x30mm程、幾つかやや太目の水晶ポイントが纏まっており、
その表面をごってりと黒灰色の皮膜状軟マンガン鉱がコートしています。
ぱっと見には汚いかもですけど、割合光輝も強い方で現物は中々キレイ。
折れたりはしてないのですが何故かほぼ全面に軟マンガン鉱が張り付き、
特に剥離痕も見られませんので転げ落ちた水晶を覆ったのかも?
この皮膜は少々崩れやすいので注意が必要です。

水晶&軟マンガン鉱_ブラジル1アップ1
インクが無い割に水晶同士の隙間に入っていたりはする。

また、画像ではどうにも再現出来なかったのですが一部の水晶面が
見えないくらいの薄いコートでもされているのか、虹色が出る部分も。
褐鉄鉱等で見られる皮膜虹と原理は同じなのでしょうが、余りこの系統で
はっきりと見られるものは少ないように思います。

底面もコート多々。
水晶&軟マンガン鉱_ブラジル1アップ2
二酸化マンガン鉱にしては結構光ってるのがお判りになりますでしょうか。

水晶の一部には一見破断面に見える荒れがありますが、
これはどうやら軟マンガン鉱の剥げた後の様子。
良く見ると凹みが仏頭状集合体のマイナス形状になってます。
なので転げ落ちた水晶に…とも思ったのですけど、良く考えると
それで水晶にマイナス形状が出るのはおかしいですね。
となると水晶と軟マンガン鉱は比較的同時期に育ったと言えそう
ですが、そーなると今度は接地痕が見当たらないのが謎。

ちなみに、時折「ピロルサイト付き」として売ってるのはコレです。
本当は「パイロリューサイト」と言う方が正しいようですが…。
まぁ、綴り見てみると気持ちは判らんでもありません。(笑

どーにも画像にするといまいちぱっとしないのですが…。(腕か
現物は渋さと華麗さが不思議な同居をしており、中々面白い
風景と気配を持っておりまして、結構気に入っているのです。

嗚呼、これで崩れなければ最高なんだが。(苦笑


BGM:Genesis「The Lamia


スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/923-2909b0c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。