「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
18:53:53
昨日の重晶石で少しお話が出ましたので、本日はこちらです。
皆様結構お馴染みの石だと思うのですが。

デザートローズ1
かの有名な「砂漠のバラ」です。
これはサハラ砂漠のモロッコ領内産、材質的には石膏です。
長さは100mmほど、我が家の通常制限サイズは80mm以下なのですが、
正直買う時に目測を誤りました。 orz

「砂漠のバラ」とは、かつてオアシスがあった場所が干上がった際に
水の中に溶け込んでいた成分(主に硫酸カルシウムの石膏か硫酸バリウムの
重晶石)が残留する事で、理科の実験の濃縮塩水的に結晶したものです。
その際に砂を巻き込むため、産地によって独特の色合いになります。
赤っぽいのはサハラを代表にアメリカ中央部・モンゴル系など。
メキシコとかだと白いですね。
ただ、何故このような形状になるかはよく判っていないみたいですけど。
…でも、カナダやロシアからこういう石膏結晶出ますよね?
丸っこいタイプですけど。

本品は名前こそ砂漠のバラですが、ご覧の通り竿状。
どっちかというとバラよりは「芽キャベツ」とか「ケール」…
…いやむしろ「鈍器」って感じです。(苦笑
まぁ、脆いので引っ叩いたりしたら折れちゃいますけど。
石膏のこのタイプの板状結晶が集合する際は丸くなるのが基本だそうなので、
実際には「竿」部分は丸い結晶群の連結だと思います。
また、飛び出している部分は何故かそこだけ大きくなる石膏独特の双晶。
何となくド○ルドダックの嘴の化石っぽくもあります。
数百万年後まだ地球があったら、アイツもこんな発掘のされ方するかも。

一般に「不毛地帯」である砂漠、実は意外と数々の独特の鉱物…というか石を
産出します。「エジプトの星」と言われる白鉄鉱仮晶の赤鉄鉱や、鉱物or岩石化
化石、更に最近は水晶も出るそうで。
人類的には不毛でも、地質的には決してそうではないのかもしれません。

画像を撮る際、何となくパドゥク材の上に置いてみたら随分似合ってしまいました。
有機物(木材)と無機物(岩石)なのに、何の違和感もありません。
ひょっとしたら、砂漠のバラも生成の際微生物が関わったり、または砂だけでなく
その死骸等も噛んで生成されているのかもしれませんね。
「オアシスの墓標」にしては、やけに生命の気配を感じる石です。
まぁ…やってる事は「汗が渇いて塩が吹く」のと変わりませんか。(笑

最後に。
実はこの石膏、昨日の重晶石と非常に近い組成をしています。
石膏はCaSO4(正確には焼石膏?)、重晶石はBaSO4なので主要元素が
異なるだけです。だから同じ砂漠のバラで2バージョンある訳ですね。

…そこでふと思った事。
実は更に、重晶石は鉱物グループを形成していて、仲間に天青石を含みます。
天青石の組成はSrSO4で、これまたバリウムとストロンチウムの差だけ。

…ストロンチウムがもしもっと多量に存在する元素だったら、
「空色のバラ」が出来たのかなーとか思ったり。
夢から覚めなサーイ。

古くから常套句ですが、浪漫を感じる石の代表格である事に
私も依存はございません。
色々と想像力を掻き立ててくれるイメージの石、です。

BGM:Jimi Hendrix「Bleeding Heart」

※2010/05/13追記
ちなみに、重晶石~天青石と同質異像なのは「硬石膏」。
硫酸カルシウムの無水物で、含水の「石膏」とは別鉱物です。
…が、硬石膏もひっくるめて「石膏」と呼ぶ事も多いもんで、
巷で何処まで分けてるかは謎。
…でも、きっとあんまり分けてないよね。

スポンサーサイト


コメント
(^^)
私も持っています。(^^)

写真のデザートローズは、大きいですね・・
私もまだアップしていないので近いうちに写真を撮ってUPしようかな・・・

あのやさしい水色のデザートローズがあったら・・

即買です!

kana│URL│2009/06/27(Sat)00:06:14│ 編集
Re: (^^)
何となく1個は買ってしまう石ですよね。(笑

これはほんとにバラっぽくないです。
サイズに関しては…どうなんでしょう?
サハラは20cm超えは余り見た事が無いですが、メキシコでは
1辺50cmオーバーの化物みたいなのありましたからねぇ…。

天青石バラはあったら面白いですね。
…でも、あそこまで色のいいのはマダガスカルくらいですし…
…そもそも砂で台無しだったりして?( ̄▽ ̄;

"TONGARI"-Take│URL│2009/06/27(Sat)15:50:05│ 編集
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/90-52216e4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。