「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/05«│ 2017/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
20:01:05
暫く続きそうです、お久し振りな流れ。
本日もやっぱりそんな感じの子。

赤鉄鉱_ブラジル1
これまた大好物でございます。

ブラジルはミナスジェライス、インペリアルトパーズの産地として
名高いオウロプレト産の赤鉄鉱Ver.「鉄の薔薇」です。
実サイズは径20mmx厚4mm程のサムネイル級。
ちょいと端に接地跡があって完全な六角基調とはいきませんし、
表面も少々風化感がございますが、ワンコインとしては上々でしょう。
ってかこいつ自身がコインサイズなので、物々交換したような気分が。(笑

鉄の薔薇は世界中色んな場所で産しますが、ここもその一つ。
以前母岩付インペリアルの際にちょろっとお話致しましたけど、
基本鉱床が赤・褐鉄鉱床なので、そりゃー出てもおかしくないですわ、と。
風化度合もあの辺が古い地層まみれなのと関係してるんですかね?

ちょこちょこ登場している鉄の薔薇。
気付けば何時の間にか増えてる系統の1つ。
雑多な中からも、ひょいと目に留まる機会が多い。

成分から言えばただの鉄錆ですが、この造形と色と輝きの絶妙な
ブレンドは、やはり抗い難い魅力をお持ちのご様子です。


BGM:Collin Raye「A Bible And A Bus Ticket Home」

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/897-5eeb42b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。