「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2011/02/15
04:17:28
えっと…まずすみません。
すっごく間が空いてしまいました。(汗

中の人ですが、生きてます。
ちょっとここ暫くの間に連続して

中の人不調
→元からの某事情に重なって復活遅れ
→復活したら今度はPCキーボードが変
→物理破損っぽかったので予備に変えたら今度は相性的に(ry
→金欠なんで調達遅れ
→キーボード調達して操作復活(今ここ

…と、激しいコンボにフルボッコされてました。 orz
新しいキーボードが何か妙に重柔らかくて触感が余り良くないですが、
最近はメカニカル系の選択肢減り気味ですし、安く済ませたんで
予算的にもしょうがないところですね。
ぶっちゃけノーブランドだったりしますし。(苦笑
予算あれば、ワイヤレスのがっちがちなメカニカル欲しいんですが…。
ってかせめて予備のロジテックが使えればなぁ。(´・ω・`)

パンタグラフ式(ノートPC的なアレ)?
あれはタイピング強過ぎて一瞬で叩き壊すんでダメです。(苦笑

ちなみに先代キーボードは、何と私の第一代目PCである10年以上前の
FMVデスクトップに付いて来ていたもの。
PCパーツとしては超長寿と言える、約14年前後を全う致しました。
そろそろ付喪神でも宿りそうな気配でしたヨ。( ̄▽ ̄;

ともあれ、本日はがんばってくれた先代に酒と煙草を供えて合掌。
更新は明日より、新2代目と共に本格的に再開致します。


BGM:雪の降った夜の音
スポンサーサイト


コメント
(^^)
復旧おめでとう☆
具合悪くなったんじゃないかとか思ってたよ(^^;

キーボードはそれに慣れるとなかなか次のがしっくりこないんだよね・・・

でもさ、アタシ前にワイヤレスの使ってたけど、2年くらいでお陀仏だったよ(^^;
当たりもあるんだろうけど・・

とりあえず、元気でよかったわ☆

kana│URL│2011/02/15(Tue)13:20:15│ 編集
Re: (^^)
たはは…ご心配掛けました。
確かに体調悪くはありましたが、それはただの風邪ですし。

キーボードは変わると本当に暫くあかんですね。
ミスタイプの多さに萎えそうです。 orz
先代は逆にローテクな分、長生きだったのかもしれません。

TONGARI Take│URL│2011/02/15(Tue)21:46:41│ 編集
復活おめ。
メールしてみようかどうしましょうかと
みなさん心配してましたよ。
でも何となくパソコン自体に触れてなさ気だったので
春のショー時期まではお待ちしようかと。
何はともあれ安心しました。

うちも子供にお下がりしたパソが限界か;
そして洗濯機の脱水がおかしい(ガクガクガク)))

tomoko│URL│2011/02/16(Wed)07:22:34│ 編集
Re: タイトルなし
そんな事になってましたか。Σ( ̄▽ ̄;
いやはやご心配をば。(汗

実際触れているにはいたんですが、ほぼマウス操作しか
出来なかったもので、この周辺では何も出来ませんでした。
何故だか壊れる時って、自分含め妙に纏まりますよねぇ。
部屋のどっかに絶対グレムリンがいますよ、今。ヽ(・∀°、)ノ

ちなみに洗濯機、我が家では1ヶ月ほど手絞りしてますが何か?(笑

TONGARI Take│URL│2011/02/17(Thu)20:47:15│ 編集
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/872-4e034e08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。