「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/10«│ 2017/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/12
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
14:53:51
もう1本作ってみました。



しかし作ってて思いましたが、600x600(ここだと480x480)サイズ
デフォ以前の旧画像は、画像サイズは問題無いんですが
撮影クオリティが厳しい…。(汗
初期モノを動画にするには、全て再撮の必要がありそうです。
ぎゃーす。(´・ω・`)

ちなみに前回のBGMはケルトでしたが、今回のはイタリア。
Locanda Delle Fate「Homo Homini Lupus」と
Latte E Miele「Tanto Amore」です。
イタリアンロックはVoが柔くて比較的相性いいですね。


BGM:↑視聴中

スポンサーサイト


コメント
なるほどー
いやはや動画映えのする石写真でございます。(大賛辞)
iPadに入れさせてもらうとします。いそいそ・・・

ところで写真何が違うのかなと思ったら分かりましたよ。
「被写界深度」ですな。
やはし小さいものはコンデジか・・・


annfell│URL│2010/12/18(Sat)23:43:43│ 編集
ども。
動画、観られないです~(T_T)

ニコ動はアカウント取ってないのでこちらで拝見できれば嬉しいのですが・・・。

我が儘いってすみません。

tomoko│URL│2010/12/19(Sun)09:01:41│ 編集
Re: なるほどー
え?ipodに…と思ったらipadでしたか。(苦笑
私ってばうっかりさん。

お褒めありがとうございます。
自分の意識がグラビア的画像なので、そう言って頂けますと。
でも、被写体深度はどうなのでしょう?
コンパクトの方が浅いと思ってましたが…いかんせんカメラ無知の
思い込みなので、そーなんですかねぇ。
ただ、わざと奥にピントを合わせて奥行きを出したりとかは、
非常によくやる手法なのでそう感じるのかもしれません。

TONGARI Take│URL│2010/12/19(Sun)17:11:04│ 編集
Re: タイトルなし
あー、ニコ動は引用すると一般会員扱いみたいなので…。
プレミアム会員だと本サイト側で何時も見られるのですが、
こちらだと混雑時間帯はキツいかもです。(汗
いかんせんニコの仕様なもので…。

ニコ動メーカーもその点弱点があって、動画出力が
ニコ動独自規格の.nmvでしか出来ないんですよ。
最初はaviでやろうかと思ったんですけど、容量がえらい事に
なってしまい、圧縮したらしたで汚くなっってしまうので
挫折してしまいました。 orz

なので、すみませんが何とも出来ません…。(´・ω・`)

TONGARI Take│URL│2010/12/19(Sun)17:14:20│ 編集
何故かカメラのお話ですが
コンデジはすばやくピントを合わせて撮れる様に、被写界深度が一般のカメラより深くなっているのですよ。
つまり浅いピントで撮るのは苦手らしく、なかなかいい具合にはボケないという。ですが、そういう意味でマクロに関してはコンデジの方が上手でして、一眼だと数センチに寄って撮ること自体が難しいのです。
といった違いがTONGARIさんの写真とうちの写真に出ているのですねー
・・・というお話。

annfell│URL│2010/12/19(Sun)21:22:43│ 編集
Re: 何故かカメラのお話ですが
ははぁなるほど。
スナップ能力求められるが故に、ですね。
そう考えると納得です。

ってか一眼の場合はレンズの影響がありますから、
その辺絡むともう訳が判りません。(汗
私はちょっと前からコンパクトで出来る限りやってみようと
割り切りましたので、その辺もご参考になるといいですねぇ。

や、ほら。
有モノ活用がモットーですんで、一応。

TONGARI Take│URL│2010/12/19(Sun)22:36:30│ 編集
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/842-7e0ee574
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。