「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/10«│ 2017/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/12
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2010/12/16
21:36:19
そうそう、忘れる所でした。

本日都合3発目の記事は石日記です。
動画の作成とアップでやりきった感があって、危うく普通の
更新を忘れちまう所でしたよ。(苦笑

池袋戦利品の登場はもうちょっとかかりそうです。
ので、その前にここへ出す前に先行で里帰りさせた子達を
出せる限り出しておこうかなーと。
やー、ほんとに結構あるんですわこれが。(´ω`;

という訳で、順次。
あんまり順番も考えてませんが、まずはこれから。

アクアマリン_パキスタン9
こきっ。

パキスタン産、御馴染みアクアマリンことベリルさんです。
実サイズは結構ひょろ長い55x10x5mm程、長石と鉄電気石を
随所に引っ付けて、スマートな六角柱のベリルがすらっと…
…すらっと立とうとして腰でもヤったか、こきっと曲がってます。
幅が10mmあるのはこの曲がりのせいなので、ベリル自体は
ほんとにひょろっと頼り無いくらい細かったりします。

パキスタンのアクアマリンは、もう山ほどあって掲載済の子も
かなりいるわけなんですが、ついこういう子を見ると(略
そんなこんなでまだまだ増えてます、うーむむ。
というか元々宝石鉱物の中ではかなりリーズナブルな上に
産地は多いわ量は多いわ産状多彩だわで、地味にキリの無さ
加減では上位にあるんじゃないかと思ったり。
ベリル一族総合すると、より酷いことになりそうな。

でも、それでもこういう子はやっぱ楽しいです。
ちゃんとキレイにアクアマリンしているのに、どうしても
そこに徹底出来ないファニーさが何ともキュート。
多分種を明かせば真中辺りの処で晶洞の壁に当たって、
それに沿って曲がったとかそんな他愛も無い理由なんでしょうけど、
産まれる風景や造形は大変にイマジネーションを刺激しますね。

それが、同じ石でも同じものは無い所以の1つ。
石が泥沼な理由の最たるものです。

我々石好きというのは、この泥沼がキモチイイんですよ。
これからの時期の布団の如く、ココロを捉えて離さない、
生半可な事では抗えない魅力に満ちて迫って来るのです。



BGM:Anekdoten「SW4/ロンドン南西4区/2005.02.25」

スポンサーサイト


コメント
こんばんは(^^)
コメントいただき、ありがとうございます!
ほんと、見事にかくっとしてますね~!
アクアマリン、面白いですよね…。危険です。

ほんと、写真がお上手で、惚れ惚れしてしまいます。
私なんて、素人が適当に撮ってる感じなので、どうにもこうにも。
素敵な写真でお勉強させていただきます。

レスで書かせていただいたのですが、当方からも
リンクをさせていただきたいと思い、作業をしてみたのですが…
なんとも微妙なことに、サイト名は32文字以内でと言われてしまいました。
1文字オーバー…!

相談なのですが、お名前、どのように記載すればよろしいでしょうか(;_;)
お手数おかけしてすみません…がくり。

祥│URL│2010/12/16(Thu)22:48:18│ 編集
Re: こんばんは(^^)
コメントありがとうございますー。(*´▽`)ノ
全然知らずに書いた後拝見したら、思い切り鉱物どころか
方向性まで被っていたので思わず。(笑

曲がりっぷりでは祥さんの子には及びませんが、この子は
長さが際立つのですっごい違和感があってステキなのです。
それにしても、2人とも連想が腰。(苦笑
やっぱショーの台の低さは堪えます。

写真は全然ですー。(汗
動画にも入れましたが、思い切り素人がコンパクトデジカメで
そのまま撮っただけですから…。
そのカメラも2年前くらいに初購入なので、もう。( ̄x ̄;
愛だけで突っ走ってると言うのが正確なトコロです。
それだけは溢れてるハズ。

サイト名、「~」を取ったらいけますか?
もしダメなら「TWWS」だけでも全然構いません。
自分でも長いなぁとは思っていますんで、意味を変えない
程度であれば適宜削って戴いて構わんとです。

というか、リンクありがとうございます。
私の方はブックマーク代りなので、相互は気にしないんですヨー。

TONGARI Take│URL│2010/12/18(Sat)06:42:51│ 編集
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/839-c27f3b93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。