「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/08«│ 2017/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/10
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
17:38:35
こんなもの作ってみたりしました。(・∀・)


投稿ジャンル間違えた。(苦笑

凄いやっつけな上に容量上音声ビットレートが
64しか選べなかったので、どうでしょね。
お楽しみ戴ければいいのですが。

ちなみに使用BGMは、
IONA「Edge Of The World」と「Beyond The Shores」です。


BGM:↑視聴中

スポンサーサイト


コメント
素晴らしきかな
なるほど、こう来ましたかー。
他の方にこういうの作ったら?とは勧められていましたが、先にされるとは。
とはいえ、うちのではこの感じはでませんし
TONGARIさんのだから映えるんだろうなと、感心しながら鑑賞させていただきました。

⇒因みに元ネタは【俺様の鉱物フォ(ry 完成版】だったりするんでしょうか?
最初にアレを見てうちの写真の撮り方を変えたんですよね・・・

annfell│URL│2010/12/16(Thu)19:06:40│ 編集
Re: 素晴らしきかな
そそ、こうでした。
いかんせん10分の壁が残念ですけどねぇ。
(あとビットレー=容量の壁も…

annfellさんも計画なさってましたかー。
でも私のはまた方向性が違いますし、幻想度なら全く私の子達は
敵いませんから、ぜんぜん問題無いと思いますけど。
うちの子は味という免罪符(苦笑)で勝負ですから。
というか、お好きならどんどんGOな方が、石好きの皆さんに
楽しい事が増えていいと思います。
ともあれ、ご覧戴きありがとうございました。

>元ネタ
そです。(笑
あの更に元ネタは某所にありますけど、集める石も画像作りも
やはり個性出ますからね。
これはこれでいいんじゃないかなーと思ってます。
勿論、annfellさんの画像も然り、つーか好きですよ、アレ。

TONGARI Take│URL│2010/12/16(Thu)21:16:16│ 編集
(゚Д゚)
意外なものが意外にも新鮮にみえたりするのは「動画」マジックでしょうか。
画像そのものももちろんですが、その順序のバランスとかそういうことが
本当に大変だったというか、腕の見せ所になるのでしょうね。
ポジティブだなぁ。

人工ビスマスが妙に印象的。
ああいう変化球が後半にもあったらさらに面白かったかも?
むしろ多少短めでも何本もある方が「次!」ってそそられるような(私だけか?)
第二弾では青龍もよろしくv
楽しみにしています。

tomoko│URL│2010/12/17(Fri)20:31:22│ 編集
Re: (゚Д゚)
それはあるでしょうねぇ。>動画マジック
実際所持者の私でも、BGMと一緒だと印象変わる子も
結構おりますし…後は並びかな?
実は順番はかなりテキトーで「印象が被らない」程度の
気遣いしかしていないんですが、まぁ巧く行ったかも。
ともあれ、ご覧戴きありがとうございます。

ビスマスはほんと、びっくりするほど目立ちましたね。
やはり何処か普通の天然産とは気配が違うんでしょうねぇ。
ただ、人工石を差し入れても「浮く」まではいかないのが
わかったのはかなりの収穫でした。
今度は加工品を試してみたいと思ってます。

TONGARI Take│URL│2010/12/18(Sat)06:47:55│ 編集
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/838-7ad015b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。