「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
02:01:48
日が変わっちゃいましたが2発目。

先日から少々池袋戦利品が来る前に1度、何をやろうか悩んでた
特集ですが、方針決定しました。
tomokoさんから戴いた案(の、変化球)でも良かったのですが、
ソレはちょっと冬に持って行きたいので、今回は別口で。

特集にはやりやすさの差がございます。
季節感とかそーいった部分も勿論ですけど、何より重要なのは
いかにテーマに沿った画像の数が準備出来るかがキモ。
なので、面白そうでも画像が揃わず眠ってるテーマや、そもそも
そーゆー子自体が少ないという根本的に出来ない場合も。

じゃ逆にどんな子がやり易いか…というと、一言で言って
「無意識にでも集まり易い」子が最も楽。
元になる子が多ければ、画像も出来易いので当然ですね。
私の場合は全体に「盆栽」というテーマはございますが、それだと
どの石も当て嵌まってしまう事になりますから、もっと狭義で。
それは風景面のものだったり、雰囲気だったり、産地だったり。
今回は、そこから「鉱物種」を引っ張ってくる事にしました。

…全国3千万(?)のファンの皆様お待たせ致しました。
今回の特集で主役を張るのは、石好き世界屈指のアイドル鉱物と
言っても過言では無いであろう、大人気のこの鉱物です。

蛍石_中国3
それは、蛍石!

そう、数ある鉱物の中でも水晶や方解石と並んでファンが多く、
明確に「キライ」という人は未だに見掛けない大人気石。
正に石好き世界のスタンダードの1、蛍石。
満を持して(?)特集と参ります。

画像は中国産の蛍石ラフカットです。
いつぞや戴いたラフカット四兄弟の1つです、ありがとうございます。
実サイズは50x35x30mm程、見た目には殆どただの緑色の塊ですが、
方向でご覧の通り明瞭且つ非常に美しい層状を呈する、これまた
ちゃんと見直して味わいのあるナイスな子です。
やっぱ眼の良い方だなぁ。>贈り主様

実は、蛍石は意識無意識に関わらず随分と増えてまして、いつか
特集はやろうやろうと思ってはいたんです。
ただ、なまじ人気の高い鉱物だけに先人な方々の内容が凄くてですね。(汗
水晶や方解石は何故か余りそういう感じもせず出来るのですが、本鉱に
関してだけは「とにかくモノとある程度の撮影技術が揃わないと…」と、
かなり長い事悩んでいたんですよ。

ですが、先日ちょっと面白い子を2つ程立て続けに入手した際に撮影してみた処、
中々良い感じだったので「これなら1回目は出来る」と。
なので、今回踏み切ってみました。
一旦そうなると、まぁ思いの外数がある事ある事。(苦笑
当ブログでも単発なら結構出てはいるのに、まだこんなにかってくらい。
これがアイドル石の魔力か…と、思わず納得してしまいましたヨ。

という訳で、蛍石特集開始です。
先人な方々には及びませんが、ウチの子達の精一杯の雄姿、どうぞお楽しみに。


BGM:Tai Phong「Cherry (bonus track)」

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/781-25942dae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。