「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
15:29:31
さて、石日記です。

11月になりました、早いもんですね。
これまでがつがつ更新していましたが、今月からは
徐々にペースが落ちる予定です。
や、中の人の都合的な面でしてね。
何時までも落ちなかったら、中の人ヤベェって事なんで。(苦笑

で。
そんな個人的区切りのタイミングだからか、普段全然気にしていない
人なんですが、今月は誕生石という事に思い当たりまして。
11月はトパーズ…久々にロシアから参りましょう。
ロシアというと私にはコラ半島・ウラル・沿海州が代表的な鉱物産地の
訳ですが、今回はそこ以外から。

トパーズ_ロシア1
宝飾イメージとは程遠いかも。(苦笑

てな流れで、ロシアはバイカル向こう側地区・Sherlova山のトパーズです。
バイカルは勿論バイカル湖の事、「Trans」は彼方とか向こう側って
意味なので(例:ルーマニア・「トラン」シルバニア=森の向こう側)、
地域としてはバイカル東部のブリヤート共和国になるんでしょうか。
実サイズは40x30x15mm程、全体が荒っぽくも輝きの強い無色透明な
トパーズの集合体で出来ていて、母岩は噛んでる程度。
1個が小さいのでごそごそして見えますが、それぞれの結晶形は中々
きっちりと整った柱状をしており、拡大すると非常に見応えあります。
画像では殺してますが、接合面やクラックも多いので虹も大量に。
また、微細な水晶や電気石等も伴っていて、賑やかな子です。

拡大画像もあるので続きへGO。
トパーズは現在ブラジルのブルーインペリアル米ユタ産が当ブログで
登場済ですが、アレは有名ながらむしろ例外的なもので、鉱物としては
こっちが普通…例外だから有名なのか。(苦笑
「黄玉」などと言われますが、元は無色透明な石です。
産状もインペリアルの鉄鉱床中やユタの砂岩中は特殊例で、普段は
花崗岩ペグマタイトが一番よく目にするタイプです。
他の産状としては、気成鉱床、グライゼン、そして宝石鉱物のお約束
漂砂鉱床等があり、そー考えると結構顔出しの機会が多い子とも。
とはいえ、これまた宝石鉱物のお約束的にそんなキレイなものは
至極僅かなので、下手すりゃ気付かないままスルーされてる事もあります。
ってか実際、はっきりした結晶形があればともかく、不完全だと色々
他の鉱物と紛らわしい部分の多い石なんですよね。
見分ける決め手は、個人的にスタンダードな輝きと縦条線、あとは
水平な劈開もしくはそれで発生した真っ直ぐなクラック・単結晶なら
見た目よりかなり重い重量感って辺りでしょうか。

アップ画像どん。

トパーズ_ロシア1付随
水晶もいるんですが、判ります?

ぶっちゃけめんどいです、その辺。(苦笑
刻み海苔みたいなのは電気石、詳細種は判りません。
僅かに緑に透ける部分もありますが、どうでしょうね?
多分連名記載されて無いところをみると、鉄電気石だとは思うんですけど。
電気石もトパーズと似た産状を多々持つので、仲良しな子だったりして。

本地バイカル湖周辺は、広大なロシアでもちょっと面白い産地。
世界中でも数少ないラピスラズリ産地もこのエリアに存在します。
機会があれば色々と欲しいですが、見る機会は決して多くないですね。
それなりに流通はしてますが、絶対量で他に埋もれてる感が。
ちなみにバイカル湖自体も凄くて、透明度と深度は世界一認定。
更に特筆すべきは水量で、世界の淡水の約20%が溜まってるそーです。
わーお。

シベリアというと色々な方面の影響で時が止まったような世界の印象も
ありますが、大地は元気満点なご様子。
そんな処から出たやる気に満ちたこの子も、やはり賑やか。
バイカルの澄んだ水をシェイクしたかの如く、清冽でエネルギーを
感じさせる子なのです。

皆様も澄んだ壮健な一ヶ月を過ごされますように。


BGM:Cocteau Twins「Otterley」

スポンサーサイト


コメント
偶然かもしれませんがロシアのトパーズはこういう雰囲気が多いんでしょうか?
宝飾品にはなりにくそうな、でも「風景系」をよく見る気がします(質が良いのはもう出回ってないのかな)

あ、特集。
じゃ、あえて、自分にとってのイマイチ系を再度見直してみたよ特集。

tomoko│URL│2010/11/02(Tue)07:10:20│ 編集
Re: タイトルなし
そうなんですか?
私ロシアトパーズはこれしか持ってなくて、あまり見た事も無いもので
どんな「平均」なのかいまいち判らないんですが。
でも、仰る通りの感じではありますね、tomokoさんお好きそう。(笑
質に関しても…歴浅故如何とも。

特集。
それはちょっと難しいですねぇ…。
何せ「いまいち」と思ったらお迎えしないのが普通ですから。(苦笑
画像いまいちは一杯あります(´・ω・`)が、石自体に明確に
いまいちと感じるものは殆ど無いんですよー。
…あー、でも変化球はありかな?(ヒキ

TONGARI Take│URL│2010/11/02(Tue)12:02:30│ 編集
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/770-76cd8003
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。