「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
01:59:31
だからって訳でも無いんですが。

さて、日が変わっちゃいましたが本日付3発目。
残り3つとなりました赤レンガ戦利品(重複品除)、ラストスパート
1個目はまずこれから。

スコロド石_モロッコ1
ニンニクってーかネギ…いややっぱニンニクか。

モロッコは砒酸塩の溜り場Bou-Azzerより、スコロド石です。
和名を葱臭石、この「葱」は叩いたり加熱したりした際に砒素系独特の
ニンニク臭がするから付いたそうなので、葱だけどニンニク。
昔はこの辺ニラ等も含め、結構十派一絡げな表現ですからね。
実サイズは40x25x20mm程、ごそごその何だか色々染みてる感じな褐鉄鉱を
母岩に、空隙部分に赤褐~青色の本鉱がもちゃっと晶出しています。
ちなみに今回戦利品最高額の子で、唯一ボーダー越えてます。
それでも樋口以下ではありますが。

2枚以上の画像は折り畳む事にしたので、「続きを読む」へGO。

スコロド石、初登場です。
Fe+3AsO4・2H2Oの組成を持つ、鉄の含水砒酸塩。
標本としてはイギリス産を良く見掛ける他、国内でも大分県木浦鉱山という
有名産地があるので、鉱物系の方を中心に知名度は決して低くありません。
ってか割とあっさり出来ちゃうタイプの鉱物らしく、立派でキレイな結晶は
産地が限られるものの、そうでなければ硫砒鉄鉱辺りを出すような処であれば
大概大なり小なり存在はしてるっぽいです。
元々小型派な傾向の鉱物なんで、気付かれて無い処も多いかもですね。
尚、一見そうは思えませんがバリッシャー石グループ所属だったり。
本産地は国内では余り見た記憶が無いのですけど、mindatにはそこそこ画像が
掲載されていますし
、産地的にも適正度高そうですから2番手くらいの位置には
いるのかもしれません。
検索でも割と出て来ます。

ちなみに普通スコロド石は青かオリーブグリーン系、あるいはグレー。
ここの茶色っぽいものは、褐鉄鉱インクのせいのものが多いっぽいです。
この子は青・赤褐色のどっちも見られるナイスなタイプと言えるかも。

で。
実はこの子には謎の鉱物が一緒してます。

スコロド石_モロッコ1アップ
ぱっと見は崩れかけた藍鉄鉱っぽい。

実際、このダークグリーンっぽい放射状結晶はその確率高いです。
というのも、砒素と燐は案外と共存しやすく、またmindatのCommon Associates
~簡単に言えば「仲良し鉱物」欄にも記載されていますんで。
ってか私自身がそのくらいしか浮かばないんですけどね。(。∀゚)

ただ、一見ソレが風化したように見える黄色い部分はもっと謎。
一応見た時に何故かやたらとマイナーな「カリビブ石」の名が浮かびましたけど。
(※参考→mindat内Karibibiteページ
ちょっと調べてみたら、案外コレがそうありえなくも無いっぽいです。
見た目も産状も結構近く、共産もあるし当地でも出てる。
ただスコロド石よりずっと希産っぽいので、ラベル上どうなのかなって感じ。
コレだけ目立ってればチェックしてる可能性は捨てられないので、実際には
単に表面風化した藍鉄鉱かもしれません。
ま、これは長スパンの宿題って事でひとつ。

アップにするとキレイだけど、そのままだと小汚い典型みたいな子です。
スコロド石も空隙に潜んだ感じで見えにくく、ぱっと見はオイル浸けの鉄錆。
しかし近付いてみれば、毒々しさとはかけ離れたような青が。
そしてシックな存在感の赤褐色が。
こーゆーのは、ほんと二次鉱物の醍醐味ですね。

…ま、こんだけ小さいクセにはっきり色が出てる辺り、実はそれなりに
毒々しい感が無いとも言えないんですけれど。(苦笑
でもいいの、これが砒酸塩のキャラだもの。
ソレが好きで、砒酸塩気に入ってるんですもの。

好きならソレでいいのですヨ。


BGM:Änglagård「Kung Bore」


スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/739-de7445ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。