「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
16:48:05
えー、鉛二次鉱物系は先日書いた通り思ったより画像
出来ていなかったorzので一旦ストップ致しまして。
本日はショー捕獲品です。
ただし今回の新宿ではなく、前回の横浜分…。

今更です。
ええ今更ですとも。
まだ結構撮れてないのあるんですよね…。(´・ω・`)

…気を取り直しまして。
えっと、水晶の結晶現象の1つに「セルフヒールド」と言われている物があります。
簡単に言えば「折れちゃったりした所が再結晶している」ものでして、
それが肉眼的に錐面になっている場合に使われる言葉です。
成長跡だけの時も言うみたいですが、個人的に再結晶自体は別にダメージを
受けた個所でなくても起こりうるので、せめて「錐面」がある時に使いたいです。
そして、大体この言葉「底面再結晶」に使われる場合が多いのですが、実際には
再生場所は本来問いません…と言うより、母岩等から外れての再成長は二次的な
ものなので、厳密には「二次成長」なんですよね。

なので、多分本来のセルフヒールドというのはこういう事ではないか?
というのが、本日ご紹介のこちら。

水晶_ガネーシュ1
久々のネパール・ガネーシュヒマール産水晶です。
長さ45mmほど、横浜でアンダー\1000のカゴ掘って発見しました。
一応母岩…といいますか「石英基盤」があって足元に小さな結晶が群れていますが、
これはクラスターではなくポイントと呼ぶべきでしょうね。

かなりのツヤピカさんで透明度も素晴らしいのですが、実は結構タフネス。
よくご覧戴くと判るのですが、足元すぐで隣接結晶に乗り上げるように1度、
中ほどで3度、一度折れて再生しびみょーに曲がっています。
そして錐面も一度斜めに削ぎ落とされるように完全に折れて、そこから無数の
小さな錐面(一部DT独立結晶化)になって再生しております。
この再生が完全に終われば1つ以上の大きな錐面として再生される訳ですが、
その途中の状態と言うわけですね。

で、この水晶は底面側には一切ダメージを受けておらず、採掘時(または
クラスターからの分離時)の剥離跡のみです。
つまり、一次的に成長した結晶本体のみにダメージを受け、それを再生して
いるのです。これが本来あるべきセルフヒールドの姿では?

こんじょーです。
根性入りまくりです。
ガネーシュの水晶は基本的に崇高なイメージがあるのですが、たまにこういう
「体育会系」タフネス結晶がいらっしゃいます。
どっこい生きてる土の中。

こういうのだと、何となく波動等ではなく「造型」としても大地のパワーを
ひしひしと感じます。同時に「綺麗だけでは生きて行けない」という自然本来の
美しさも。

カゴ掘りしていて、最初に手を止めたのがこの水晶でした。
基本余り掘ってる時はじっくりモノを見ないのですが、こういうのは手に取った
瞬間に「あ、何かあるな」と感じます。
多分触感とかでセンサーが働いているのでしょう、一応元職人ですので…。
…あ、革等ではなくね。
昔調理師だったのですよ。

月並みではありますが、「不屈の精神」を感じる石としては現在我が家TOPです。
たまに見ると元気が出ます。
私も、(色々と)負けていられないのです。

さあ、本日は夜より町田WestVOXにて行われる月1オールジャンルセッションの
日なので、これから出撃です。
先日入手の「ナツメグ」のランニングテスト、巧く行く事を祈りつつ。

本日はこれにて。

BGM:Yngwie J. Malmsteen「Only The Strong」
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/73-7dffb85f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。