「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
15:49:48
で、本日3発目で普通の石日記。
特集「'10横浜赤レンガ戦利品」の続きですよっと。

私ねー。
この系統、もう少し持ってるんですがねー。
指折りに撮影が苦手な子で、全然出せて無いんですよねー。(´・ω・`)

今回はこれも蛍光灯撮影やってみたんですが、何とかなった?
そのままより透かしての方にキャラがあるのが幸いしたかもしれません。
でも手持ち撮りでぷるぷるしながらだったので、ブレてないのあるかどうか
最後まで心配でした。(苦笑

という訳で、撮影苦手品目。

瑪瑙_ブラジル1
こう見るとマトモっぽいですけどネ…。

ブラジル・ミナスジェライス産の瑪瑙スライスです。
実サイズは130x100x4mm程の楕円形っぽい閉じたもの。
染色や加熱品が無闇に多いこの系統ですが、無加工確認しています。
基本もこんな感じで、赤~黄褐色と白色系の層が細かい子です。

某オセアニアに強いお店でお出迎え。
見た目には単なる瑪瑙スライスなんですが、光を通すとご覧の通り。
普通の瑪瑙でも多少はありますが、この子は層の繋がりが非常にはっきりと
分域化されていて、その境界が自身も非常に美しい光を放ちます。
また、瑪瑙層もきめ細かいせいか、シラーのような白銀光を。
イリスアゲートのような虹はありませんが、ムーンストーン的なその
光輝はいっそ幻想的ですらあります。
実際、キャンドルカバー用にもされるとか。

確かに良さそうだなー。
余裕出来たら、作ってみようかしらん?

この子は先述の通り蛍光灯で、手に持って直接透過させて撮りました。
何でこの系統が苦手かってーと、平面で磨かれている上に縞方向が
正面にキレイに出る事が多いもんで、映り込みがスゴイんですよ。
かといって角度を変えると縞はキレイに出ないわ何か変なパースが
付いちゃうわで、四苦八苦してまして。(´ω`;
この子は透かしてならではのキャラ持ちなんで、何とか逃げ場が。
しかし、残りはどうしたもんでしょうか、ホント。(汗

石が織り成す幻燈風景。
これもまた、石ならではの「盆栽」要素の1つです。


BGM:Sheryl Crow「Abilene」

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/729-06ed3745
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。