「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
13:25:57
ラストスパートな感じです、特集「未登場の鉱物さんたち・マイナー鉱編」。
今回入れて後3回。

特集の名の通りそれなりに知名度低めな子が多目に続いている訳ですが、
ここでその低さにもスパートをかけてみましょう。
マイナーな子達になるには「確認し辛い」という事、つまりサイズの
小ささが種の特定を妨げ、結果その原因になる事も多いですね。
今回はそんな小さいマイナー石を産出させたら屈指といえる、
欧州の古典的産地から、マイナーの極みな1品。

シュツルンツ石_ドイツ1
白っぽい方が主役。

お久方ドイツはハーゲンドルフより、シュツルンツ石です。
実サイズは6x4x3mm程、全体が黒っぽいマンガン鉱(何でしょう?)と
褐鉄鉱の塊から成る母岩の隅っこに2x1mm程の広さの空隙があって、
その中に淡黄色針状の本鉱がわさわさと生えてます。
他に黄色が強く透明な柱状結晶も見られますが、これはラベルに
記載がありません。
ただ、色々調べた所どうやら高確率でラウエ石だろうとは推測出来ました。
撮影時きっつい固定の余り、手をつったのも良い思い出です。(笑

シュツルンツ石は本地ハーゲンドルフが原産の、マンガン&鉄の燐酸塩。
組成は「Mn2+Fe3+2(PO4)2(OH)2.6H2O」で、水酸基を含む含水種です。
つまり、二次鉱物って事ですね。
そのちんまい見た目故か発見も遅めで、1957年記載になってます。
見た目には毛ばんのツヤを減らして黄ばませた感じ?
地味ですがわさっと生えてるせいか、不思議と存在感は強いです。
ちょっと面白い特性があるようで、共産鉱物を見ると殆どが2価或いは
3価の鉄燐酸塩鉱物との共産になっていて、マンガンは余りこの子以外に
含まれているシチュエーションが無いみたいです。
(もちろん、調べた範囲内でのお話ですが
代表としてはラウエ石とその同質異像群、ストレング石、ベラウン石、
ロックブリッジ石、カコクセン石等を確認。
この内ベラウン石以外は全て鉄、あるいは鉄優位の燐酸塩です。
つまり、母岩的にはマンガンが材料として多い訳ではないようなので、
「鉄のついでにマンガンもある」という処から産出しがちな様子。
もちろん、燐は全体的なキーになるので必須。
この条件を考えると、結構海底由来の鉱床に多そう?

あと、mindatの分布図を見ると不思議と産地が偏っているようで、
かなりの割合が大西洋沿岸と近隣内陸部に集中しています。
太平洋側で記録されているのは、日本とニュージーランドだけ。
細かく調べられていないだけなのか、それとも本当に出ないのかは
謎ですけど、随分と極端な例に思えます。
や、無論mindatが全データ網羅している訳でも無いんですけどね。

不思議な存在感と書きましたが、この子自体は無くしそうな程
小さい上に黒い部分が多いので、目立たないと言える部類です。
肉眼だと結晶もあまりちゃんとは見えず、益々地味。
しかし、ルーペを覗くと話が変わりまして、シャンとした本鉱が
複雑に絡みつく合間にラウエ石(推)の琥珀色が映えて、真っ黒な
母岩の隙間に何とも鮮やかな世界を作り上げています。

古来、欧州の鉱山にはほぼ例外無く「鉱山の妖精」の逸話がございますが。
立派な結晶を産する一方で、このような微細な中に美しい子がある事で、
きっと岩の中にはこんな立派な結晶を作る妖精が、本鉱のような微細な
世界の中に潜むように棲んでいるに違いない━━と、そんな夢のある
イマジネーションを鉱夫の人々に与えて来た結果なのかもしれません。

石の中の、石による小さな世界。
それは今も、人にイマジネーションを与えてくれる存在としてここにあります。


BGM:The Carpenters「It's Going To Take Some Time」


スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/702-f911c88e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。