「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2010/09/07
17:27:00
何という事か。
まさかこの子の単品がまだだったとは。(汗

こんにちわ、若干涼しくなって来ましたねという会話を横耳に
確かにと実感しつつも人一倍暑がりなので全然そんな風でも
ないよーに汗かきまくりで過ごす人生メルトダウンな漢TONGARIです。

本日1回目にアップしたライブの日、計スタジオ3h+3ステージで
Tシャツを実に6枚絞れる程まで持ってったのもいい思い出。(酷

で。
私はあれだけ「石榴石は蒐集対象ですし」と書いていたんですが。
あろう事か確認してみたら、この子が1回も単品登場してませんでした。
うおお、不覚…。 orz
確かに単品が少なめな子ではあるんですが、一族中でも一番歴史のある
系統なので、流石に反省箱INな気分です。(´・ω・`)

苦ばん柘榴石_中国1
基本6種の1つじゃないかよー。>自分

中国・新疆ウイグル自治区より、苦ばん石榴石です。
以前団体戦では登場済なんで、すっかり出した気になって…。 orz
実サイズは5mm径ほど、石榴石一族基本6種の中では最も結晶し辛い
本鉱ですが、最近はここのものが割と出回っているご様子。
個人的に苦ばんのイメージは殆ど見た目が同じな鉄ばんと比べ
赤の中に紫の気配を感じる事が多く思うのですが、この子も端の方に
そんなものがじんわり滲んでますね。
まぁ流石に端成分かどうかは判りませんけど。
産地的にちょっと怖くもありますが、ここはラベルを信用と言うことで。

幾つか並んでいた中から最も透けやすい子を選んだので、普段中々透けて
くれない事が多い苦ばん~鉄ばん種の割にかなりいい透明度だと思います。
幾ら小粒でも、日光だけでここまで透けるのを探すのは意外とタイヘン。
結晶もかなりしっかりしていて、条線もくっきり。
余りにしっかりし過ぎているので、逆に怖い。(苦笑
まぁ素性はどうあれ、歴代最も石榴石らしい石榴石でしょう。

成分色形共にバリエーション豊富な石榴石ですが、やはりイメージ強し。
赤は脳内で自動的に「基本形」となっちゃいますね。
ま、堂々たる「真性宝石」の1種ですから、実力が無い訳はなく。
イメージというのも、その実力の一端に過ぎないのでしょう。
ほんの山椒の実程度の粒ですが、掌にコロコロとしながら見ていて
シアワセな気分になる辺り、やっぱり自分は石榴石好きなんだなーと。

でも、単品が少ないのはホントなんですよね。
結晶・塊に限らず、石榴石基本種では一番見ないかも。
流石に基本以外を入れればそんな事も無いですが、灰クロムがロシアから
膨大に供給されるようになった昨今、やっぱり一番少ないかもしれません。

何時か、歴史的産地・チェコ ボヘミアの納得行く母岩付が欲しいな。


※拍手コメ御礼
Kさん→やー、楽しんで頂ければ何よりでございます。(*´▽`)ノ


BGM:Pat Benatar「Shadows Of The Night」

スポンサーサイト


コメント
(^^)
Kさんですが・・・(笑)
名前伏せる必要ないぞぉ~☆

拍手コメってなんでリンクできないのかなぁ・・・
拍手コメにコメントしたかったのであえてしてみました(笑)

これを聞きながら、娘にうろちょろされると現実に引き戻されます。(-_-;)

しばしのマイタイムをありがとう☆

このパイロープ、ワイン味の飴に見えてきた(笑)

kana│URL│2010/09/08(Wed)14:34:54│ 編集
Re: (^^)
うはは…まぁ、状況にあわせた対応と言う事で。>伏
お褒め感謝です、メンバーも多分嬉かと。

ワインレッドとは良くも言ったりですね。
BGMが少々泥臭いですが、お楽しみくださいまし。

TONGARI Take│URL│2010/09/08(Wed)19:45:08│ 編集
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/668-7c89abe1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。