「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
01:44:19
ちょっと日どころか月まで変わっちゃいましたが。( ̄▽ ̄;
イメージ上はまだ本日(8/31)の2発目て事で。

ここ暫く、割合と判り易くキレイな子の流れでしたネ。
私のブログで「宝飾用にカットされる石」の、それもある程度以上に
キレイな子が1ページ占有するなんて滅多に無い事なんですが。(笑
その流れで、今回もコランダム。

が、ご覧になった瞬間は「…コランダム?」となるかも。
ある意味某筋少的に言えば、「ダイヤモンドは只の石」というのを
ダイヤじゃないけど端的に表現してると言えなくもないかもしれません。

コランダム_ノースカロライナ1
ルビーサファイアの、あのコランダムですよ?(・ω・)

米ノースカロライナ州のコランダムです。
いっそ普通角閃石辺りじゃないのかーという勢いでそれっぽさが
全くと言って良いほど無いですが、ちゃんとコランダムです。
それどころか、長波紫外線で極一部且つ極薄くですが赤い蛍光を
示す部分がありますので、一応ルビーの成分ですらあります。
よーく見ると、そういえば隅っこが赤く透けてるような気がします。
しかも産地が「ルビー鉱山」という辺り、壮大なギャグとしか。(笑

本品は実サイズで35x25x20mm程。
↑とは言いましたが、実の所ルビー云々はともかくとして、コランダムの
単結晶としては中々に良いサイズと整った結晶形を持ってたりします。
見た感じ独立して生えてたというよりは、それこそ普通角閃石のよーに
岩中の斑晶的に埋没していた感じなので、稜線や角に少々甘い部分こそ
ありますが、全体はしっかり六角柱で錐面もびちっと異極晶。
出回っている所謂ルビーやサファイアでは漂砂礫出身も多い事もあって
中々見る事の出来ない、模式的な柱状コランダムの結晶形がここに。
そっちの産地で整ったものは、お高いですしネェ。

それにしても、異様な迫力と言うか何と言うか。
普段見るコランダムはやはり多少汚かろうが宝飾方面のイメージを
持つ子
が殆どですが、これはその辺真っ向から否定しております。(笑
むしろこれはエメリー等も含めた「酸化アルミナ」という工業方面の
原石として、やたらと説得力を持っていると言えるかもしれません。
だってもう、ホントに見た目ただの石ころなんですもの。
ちょっと重くやたらと硬い辺り、タダモノじゃない気配させてますけど。

まぁ、考えてみれば当たり前の話。
基本的に工業材…特に研磨剤系として歴史を持つ子なんて、ある意味で
宝飾に求められるものと強度面ではあんま変わらんのですよ。
簡単にその必要な素質を挙げるとすれば。
・硬度がある程度以上高い事→じゃないと加工対象が削れません
・劈開が出来るだけ無い事→粒度を一定させる為、割れちゃ困る
・靭性がある程度ある事→粒度を一定させる為、崩れちゃ困る
・変質し難い事→保管中に変化しちゃったら困る

…ね?
そう考えると、このコランダム(エメリー)をはじめダイヤモンド、
ガーネット(通常鉄ばん)、石英なんて辺りが時には合成もされて
今でも研磨剤として現役なのも当然と言うか何と言うか。

宝飾の方から見たり、場合によっては鉱物標本として見ても、
人によっては余りのヨゴレっぷりに敬遠されちゃいそうなこの子。
しかし、実は人類史を裏方で支える素材として、インダストリアルな
精悍さを持つ子なのだなぁ…と個人的には。
皆さんもきっと、こういう子達に知らず世話になりながら生きてるのです。
勿論、私もネ。

そう考えると、このヨゴレが妙に誇らしく見えたりして。
まるで町工場で自らの業に誇りを持って働くおいちゃんのような、
頼もしく美しい姿にすら思えて来るのです。


…割ったら真っ赤だったりするかもしれませんけど。(苦笑
でもそれも、そーゆー方々と同じく表面はヨゴレでも中が美しいって事で。




BGM:Black Label Society「She Deserves A Free Ride (Val's Song)」

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/655-7167ddb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。