「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
05:10:47
一昨日・昨日は石日記お休み失礼しました。

で。
27日の茅ヶ崎及び本厚木のOzBzライブにご来場戴いた皆様&
対バン・スタッフの皆様、ありがとうございました!
あーんどお疲れ様でしたっ!(*´▽`)ノ

そしてこちらは個人的ながら、同日より翌朝迄(私は日が
変わってから~朝の参加)の町田の某パブ閉店PTご関係の
お歴々も同じくお疲れ様でしたー!

27日は朝4時起床で昼にリハスタもありましたんで、そりゃあもう
終盤は文字通りシャチブリの如くへろへろでした。(笑
帰宅後はゼラチン質も通り超え軟泥の如く爆睡、深夜にようやく
目が覚めたと言う。( ̄▽ ̄;

まぁその甲斐ありまして。
どっちも非常にアツいアツい、夏の最後を飾るに相応しい
週末になったと思いますです。
どのくらいかってーと、最低でもこれくらい?

尖晶石_ミャンマー1
可燃物ではありませんが。

ミャンマー産のスピネル、漂砂礫です。
実サイズは僅か4mm径程で、川流れ故結晶稜は大きく擦れてこそ
おりますが、それでも比較的原型を留めている方であるもの。
そして何より、この強烈な赤がナイス。
擦れのせいで表面からは余り判らないのですが、実際にはかなり
透明度も高い部類のようで、日光でもこれだけ透けます。
多分今我が家にある中では最も「熱そう」な子でしょう。
ちなみに、先日のサファイアと同じミャンマー漂砂礫セットの1個。

昨日は本当に良いライブが出来ましたし、その後のPTも
大変楽しい馬鹿騒ぎでございました。
今年の夏、プレイヤーとしても個人としても最後の最後に
この子の如く赤熱出来ました故、もう思い残す事はございません。
笑って秋を迎えられそうです。(´ω`)

…まぁその内1つがお気に入り店の閉店PTなのは少々残念ですが。
こればっかりは、致し方ありますまい。


あ、2日ほど石日記お休みしちゃったんで、今日明日は二回更新予定です。
埋め合わせ埋め合わせ♪


BGM:Omega「Ezust Eso」

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/652-9cf53f42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。