「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2010/08/25
14:03:35
「加藤の鉱物、化石コレクション」様。

何時も大変勉強させていただいております、ありがとうございます。
国内最多ではないかとも思える(含公的機関)膨大な鉱物種&標本数と、
飾り気は無いながら要点を的確に捉えた画像、そして必要最小限に
ぴしりと纏められた注釈。しかも見易い。
鉱物派石好きさんの理想とも言うべきサイトです。

貴方の処で存在を知ったり正体を知った(あるいは推測出来た)り、
はたまた捜索の手掛かりを掴んだ子は、私のコレクション中にも
かなりの数がございます。
今回はそんな中から、拝見した瞬間鉱物・産地・風景全てに一目惚れして
探しに探し、ようやく完全に同系ではないものの素晴しいと言えるものを
捕まえた子で、れっつリスペクトとさせていただきます。(礼

孔雀石_ブラジル1
欲すれば寄って来るもんですね。

という訳で、特集「'10-夏のトラックバック祭り」最終回。
ブラジル産の孔雀石です。
詳細産地が不明ですが、氏のものとほぼ全くと言って良い程
同じ産状ですから、多分同一でしょう。
つまりバイア州Seabra(推定)という事で。
…何気にこれもブラジル産では余り見掛けない部類ですから、
他に推測の立てようが無いってのが正直なトコロですが。(苦笑

実サイズは90x70x40mm程と結構大きめのクラスター。
どうやら当産地の特徴と言えるらしい、非常に目が粗くぼそぼそと
崩れそうな褐鉄鉱を母岩として、板状形の集合となった孔雀石が
大量に群れています。
この結晶スタイルはどちらかというと藍銅鉱のものですし、氏の
標本でも共産しておりますから、多分これはモロッコ等で多く
見られるのと同じく藍銅鉱の仮晶としての姿なのでしょう。
この場合、バラ…いやそもそも花なのか葉なのか。( ̄▽ ̄;
葉だとキャベツとか言っちゃいそう。
ちなみに本気で脆いのでミネラルタックなんて使えず、
保存はティッシュでぐるぐる巻きにしてケース内へ。

しかし…まさかこれが、東急ハンズで捕まるとは。(笑
ショーでも全然見なかったのになぁ。

母岩はぼろぼろですが、反面孔雀石は非常にしっかりしています。
それこそシルキーなタイプは元より、もしかしたら下手な皮膜状や
粗粒な仏頭状よりも頑丈かも。

孔雀石_ブラジル1アップ
でもホコリ取りは怖い。(苦笑

内部まで孔雀石かどうかはちょっと判りません。
と言うより、氏のもの等と比べると明らかに状態が一定しませんから、
実質1産地でも色んな変化幅があるのでしょう。
この辺は藍銅鉱-孔雀石にはよくある事ですしね。

ホントは藍銅鉱も一杯あるものが欲しかったんですが、これはこれで
十二分に風景が出来ておりますし、孔雀石標本として一流と言っていいと
思いますから、それは贅沢ってもんでしょう。
それに、実際あるにはありますが数を見るものではございませんから。

でも、縁の神様はちょっとだけ優しくしてくれました。

孔雀石_ブラジル1藍銅鉱
ちょっとだけ。(笑

小さいですが、非常に美しい藍銅鉱ですね。
挿し色としても良いので、これはこれでとても満足です。(´ω`)

しかし、本当にブラジルの「重箱の隅」は面白いです。
暫くハマり続けそうな予感。
この子の存在を教えてくれた氏に、改めて感謝。


…という訳で、今回で特集「'10-夏のトラックバック祭り」終了。
何とか8月以内に完了出来ました。( ̄▽ ̄
いやはや、皆様色んな方向性をお持ち故、出る子も多種多様でした。
自分の頭を切り替えるのが一番大変だったかも。(笑
各方、お気に入り戴ければ幸い。

これからも、どうぞよろしくお願い致します。


BGM:Banco Del Mutuo Soccorso「Si Dice Che I Delfini Parlino」

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/647-f9c2ad06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。