「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
16:28:53
さあさ、本日も特集「'10-夏のトラックバック祭り」。
第6(+1)回目まで参りました。

今日は2回更新、出来るかな?かな?

今回リスペクトるのは、当ブログのオトモダチ関係中文句無く
最高の「美晶派(褒」であろう、あそこです。
しっかりした解説とスマートな印象語りを、しかし硬くならず
砕けた調子で読みやすく、かつ飄々と書き連ねるお方。
Annfellさんの「Pieces of Earth - ホシノカケラ」様。

そりゃあもう、拝見する度に「何ですかコレは…(汗」と一種呆然と
してしまいそうな美晶がてんこ盛りの汁だく状態。
そのコレクションも凄いですが、何よりソレを見付け出す眼の
鋭さを、その一団から感じずには居られません。

で。
そんなAnnfellさんと、完全に盆栽力のみで結晶の良し悪しはその
二の次にしか来ない私。
フツーなら余り交わる事も無いであろう両者の縁を繋いだのが
'09戦利品だったイタリア産ヘッソナイト(灰ばん石榴石)でした。
2人して調べあぐねて、どうしたもんかねーと。(苦笑
その甲斐あってか現在はほぼ素性も判明し、また氏との交流も
頻繁でこそありませんが続いている訳で。
まっこと、縁は「伊」なものでございました。(´ω`)

そんなこんながございまして。
やはりAnnfellさんリスペクトは、灰ばん柘榴石で。
しかも、私の手持ちの中で現状最も「美晶」な子で参りましょう。

そう、美麗な灰ばん石榴石と言ったら忘れてはならないこの産地ッ!

灰ばん柘榴石_カナダ1
茶色ってキレイなんですヨ。

もう代表産地中の代表産地でしょう。
カナダはケベック、アスベストス地区ジェフリー鉱山より、
銘品中の銘品である灰ばん柘榴石です。
実サイズは25x20x10mm程のコンパクトなクラスターで、
恐らくは粗粒な透閃石…文字通り「アスベスト」…中の
脈状っぽい部分に、コイツの人生に一体何があったんだと
いう位普通の柘榴石を遥かにぶっちぎった透明度と艶の結晶が
ごっちゃり群れています。
Annfellさんが同地でお出ししているのは特に高名な緑系でしたから、
色味が異なるこの子はリスペクトにも補填にも丁度良い感じ。

当地は世界中に雲霞の如く存在する灰ばん石榴石産地の中でも、
特に美しさで頂点に君臨するであろう場所。
もし他の産地でこんなものが出れば「超宝石級」等と大騒ぎになるで
あろうくらいのものなんですけど、恐ろしい事にここではこれが
至極「平均的」なレベルになってしまっているのです。
しかも元々ガーネット一族中でも色彩豊かな灰ばん柘榴石、それでも
同産地内のものはある程度色味が纏まり易い傾向があるのですが、
ここはその点からも異様でとにかく色味も矢鱈と豊富。
特に完全無色のいわゆる「リューコ(Leuco) 」の産出では世界でも
これまたトップランクになるかも。
この子も殆どはシナモンブラウンの結晶群ですが、一部に完全では
ないもののかなり無色に近い結晶が存在します。
そしてトドメに、これらは一般にある程度値こそ張りますけれども、
標本市場に非常に長く、更に溢れるほどの量が流通しています。
ある程度系統立てて柘榴石を集めていて再確認致しましたが、
こんなにもアホ臭いまでに美しいものがそこまで多産されるというのは、
実はとんでもない事です。

折角なので何枚かアップ。

灰ばん柘榴石_カナダ1アップ1
結晶形を無視ればトパーズかって気分。(汗

灰ばん柘榴石_カナダ1アップ3
↑と同じ結晶、半端無い美しさ。

灰ばん柘榴石_カナダ1アップ2
足元のごちゃっとしている処ですら、遥かに平均以上。

現物を入手してしみじみと思いましたよ。
ジェフリー鉱山、異常にも程があるて。(苦笑

1つ不思議なのが、ここら一帯は世界的にも最大規模の石綿鉱山が
あったトコロでして。(石綿は蛇紋石系だった模様
こういう産地の石はよく結晶面に繊維状の干渉部分が見られます。
が、この子にはそれがありません。
何でしょね、クリソタイルが消えないと柘榴石が出来ないシステム?
そういえば、ガーネット系を埋めてる繊維って大体角閃石系ばかりで
クリソタイルってのは聞かない様な。

ともあれ。
ご縁が出来たのも、実は昨年の今頃。
…何か随分前からお知り合いな気がしてましたが、ようやく1年なんですね。
ってかこのブログが1年ちょっとだから当たり前ですか。(苦笑

そんな1年目のリスペクトも、やっぱり灰ばん石榴石なのでした。


BGM:Rush「2112」
   音方面でカナダといったら私にはここだっ!

スポンサーサイト


コメント
そーなんですよ。せっかくお知り合いになれたのになかなか都合が合わず残念ですね~
またコレクションを直にみたいです~(阿呆は私は素人丸出して美麗結晶をべたべた触ってしまったことを未だに申し訳なくっっっ(>_<)
次にお会いできるときには薄手コットン手袋持参しますっ

って、これ綺麗だーおどろいたーっトパーズに匹敵しますね(一般的価値的にって意味でねv

RUSHって、後から出てきたオシャレ系じゃない方のですよね?3人組のプログレ系のですよね?
なら武道館、2回行ったことがある~好きだ~( ̄∇ ̄

tomoko│URL│2010/08/14(Sat)18:24:50│ 編集
Re: タイトルなし
ま、人それぞれ事情ってもんが…ですからね。
残念なのは確かですが、仕方ないでしょう。
皆で生きてればその内またお会い出来ますって。(´ω`)

まぁトパゾライト(これは灰鉄ですが)なんて言葉もあるくらいですし。
むしろこういうのを「ヘッソナイト」と呼ぶよりは、そっちが合ってる
かなーとも思いますが、鉱物種違えちゃうとやっぱ紛らわしいから
却下なんでしょうね。
ただ、正直ここのはホントにアホ臭い程にキレイですよー。
久し振りに単にキレイという部分を突き詰めまくった存在に感動しましたし。

>RUSH
そのラッシュです、ってかオサレな方って「LUSH」?
あれは英国だったような。
しかし武道館はウラヤマシイ…私もあのおばちゃん(何ていいぐさだ)を
間近で見てみたいです。
(※おばちゃん:ベース&Voのゲディ・リーのこと、当然男です

TONGARI Take│URL│2010/08/14(Sat)21:28:51│ 編集
その都合が合わない人
どうもアンフェルデス。
リスペクトありがとうございます。やはりヘソナイトでしたね(笑)。ジェフリーのシナモン色はうちにもこっそり写真があったりします。
因みにあのグロッシュラー、緑じゃないんですよ。ほぼ無色なガーネットの地が透けているだけなのでして・・・今度実物をお見せします。
多分冬の陣には現れると思いますので、そのときにでも。

お二人の更新速度は相変わらず、あっしはここ最近は停滞気味です。実はカメラを新調したので、写真の取り直しをし始めています。忙しいながらにいろいろと思案中。

Annfell│URL│2010/08/15(Sun)00:31:04│ 編集
Re: その都合が合わない人
冬ですかー。
じゃそれまでにたっぷりネタ仕込みを…。(´ω`)

やっぱこれは外せませんよね。(笑
まぁお持ちだろうなと思いつつ出させていただきました。
ってか、ぱっと「美晶」なのがウチには少ないったら。( ̄▽ ̄;
結構幾つも呼応したいもの、あるんですけどね。
進行と照らすと中々、それだけで特集出来ちゃうかも。(笑

あれ無色系でしたか。
という事は、透輝石か緑簾石母岩ですかね?
随分鮮やかなので、そうとは気付きませんでした…。
楽しみにしております。

新しいカメラ、うらやもしー。(´ω`)

TONGARI Take│URL│2010/08/15(Sun)14:09:55│ 編集
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/631-4c512396
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。