「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
23:54:05
本日の石日記、浜松町戦利品特集です。
…が、珍しい事にタイトル通りでして。(汗

幸い(?)画像の多い子なので、今日はそっちメインで。

水晶_カリフォルニア1
今回唯一の「お店のオススメ直受け」品。

最近水晶その他の鉱物で面白い産地として比較的ハマり気味
&縁深めの米カリフォルニアより緑泥石と赤鉄鉱入りの水晶です。
Inyoはロサンゼルスの北、内陸部州境近くにあって、
かの有名なデスバレー国立公園を擁する地区の1つ。
この辺りのInyoを含むシェラネバダ山脈周辺は特に硼砂や
ウレックス石等の各種硼酸塩鉱物の産出でも有名ですね。
航空写真で見ると白い塩の平原が…という堀博士の図鑑2巻、
コールマン石での記載がありますが、そういやどうなんだと
Google Mapで航空写真見たら本当に真っ白。(笑
これ全部塩(ってか堆積・蒸発系鉱物)ですか…。

それはともかく。
この辺は地質的に何でもありっぽい混在地なので、水晶も出ます。
この子は実サイズで50x20x10mm程のポイント。
そのインクといい独特の透明感といい、もう見るからに「アルプス型
接触鉱床から来ました」と言わんばかりのお姿をしてます。
色々書いたらキリが無いほど要素の多い子なのですが、先に書いた通り
今日は文脳度低いので、画像をすぱぱんと出して終わりましょう。

水晶_カリフォルニア1内部
ひたすら高透明度・高輝度。
緑泥石で本体と、横から斜めに突き刺さってる結晶のファントムがくっきり…。

水晶_カリフォルニア1赤鉄鉱
何気に「アルプス式鉄のバラ」のまま入ってるっぽい赤鉄鉱。
結晶面・錆の干渉面・クラックが合わさって虹がスゴイです。

水晶_カリフォルニア1母岩
ライトスモーキーに見えなくもないですが、緑泥の色。

水晶_カリフォルニア1底面
底面結晶バンザイ!(゚∀゚)

水晶_カリフォルニア1下ファントム
良く見れば下面もファントム式。

ふふ、つまりですね。
まだこの子、出したはいいけど自分でも理解しきってな(ry


BGM:Mr. Big「Anything For You」

スポンサーサイト


コメント
だーっ
スイショウスキーとしてはっ!
セルフフィールドスキーとしてはっ!

うわぁぁぁぁ。
これの写真だけで芋でも麦でも焼酎はうまいっす。

tomoko│URL│2010/07/23(Fri)18:38:14│ 編集
Re: タイトルなし
にひひ、この子はねー、ホントにいいんですよねー。(・∀・)
カリフォルニア近辺には何気にアルプス式脈が多いので、
実は欧アルプス・ヒマラヤに並ぶその手の水晶の巣窟でも
あるのですよ、しかも結構バリエーションも豊富。
その割に、前2箇所ほどには話題に上らないんですけどね。

他鉱床も豊富な分「混ざり易い」ので、個々の印象が薄いのかな?

いかにせよ、tomokoさんには必見の産地だと思いますヨ。

TONGARI Take│URL│2010/07/24(Sat)12:18:25│ 編集
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/582-030a655c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。