「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2010/07/11
21:30:14
さ、今回からまた通常の石日記に。
そして「話に出していた石」の流れに戻しましょう。

えっと…今日の子は、某所の拍手でお話した子ですね。
私はコレ承知の上でお迎えしたので良いのですが、結構未記載での販売も
見掛けますし、ご存知無くお迎えしている方も多いかもなものです。
また、海を挟んだ産地にもちょっと影響があるかもな子でもあり。
色味としては、この子には珍しくないんですが。

そんなちょっともにょった部分があるかもしれない、しかし非常に
美しいのは否めない子が本日は登場。
昨日からはアフリカ&青でも繋げて、こちらです。

燐灰石_タンザニア1
何かクラックがトラピッチェ風味…?

タンザニア産、ネオンブルーの燐灰石です。
実サイズは径5mm・厚3mmほどで、ご覧の通り似ているけど多分違う
トラピッチェ気味クラックはありますが、鮮やかな青と適度に抜ける
透明度が何とも「色石」としての高い美しさを湛えた子。
角が丸まってますけど、多分河礫じゃないだろう…と。
お迎えは何時もの石屋さんですが、品としては鉱物標本ではなく
いわゆる「カット用原石の選外品」として流通してたそうで。
この子とかと同じ経歴ですね。

で…この子ですが、記載の通り熱処理品です。
もちろん、処理の理由はこの色を出す為。
元が何色だったかは流石に判りませんが、普通の黄緑種が多いとか?
黄緑種を加熱すれば全部コレになるかは判りませんでしたが。
この辺のカット用原石流通の場合、「常識」「通常」の意識が
鉱物ではなく宝石界寄りになっている事が多いので、許容度の高い
熱処理は比較的記載の甘いまま流れている事が多いそうで。

…とは言いますけど、それが本来の美しさをただそのまま増幅したり
硬度を補強する為だけのスタビライズも含むエンハンスメントなら
まぁ話は判らなくも在りません。
この子は元色が不明なので記載は一応エンハンスメントにしていますけど、
もし黄緑種等の別色からの変色なら、それは完全な人工変質を行った
「トリートメント」に分類されるものであるはずです。
それに…私、タンザニアの燐灰石って自形を見た記憶が無いんですよ。
産出は複数個所から確認出来るんですが、大概ラフか河礫、または
そもそもそういった形状の情報が無いものばかり。
気のせいかと思っていたのですが、Mindatを確認したらタンザニア産の
燐灰石、画像が1個も掲載されていないでやんの。( ̄▽ ̄;
うーん、この辺実際どうなんでしょうねぇ。

それと、この子の影響を受ける産地がもう1つ。
それは皆さんの予想通りマダガスカル産の同系色のラフ。
やはりこれもかなりの量が流通しておりまして、店によっては加熱変色を
きちんと記載(こっちは「変色」明記が多いんですよね)している事も
ありますけれど、やっぱり記載無しも多いです。
多分流通的にも似たようなものなのでしょう。
ただ、マダガスカル産は他の色味も豊富ですし自形のものも少数派とはいえ
存在していますから、タンザニアよりは判り易い感じです。

正直、タンザニアは自分の中でこの辺の事情の「警戒産地」の1つなんですよ。
宝石・色石原石の大産地だけに、記載的に徹底し切れてない部分や
記載レスにしている場合、また「普通にやってる処理だから書かんで
ええやろ」という場合等が本当に多いので。
判ってれば問題無いんですけどねぇ。

一目で理屈抜きに美しい子だけに、その辺惜しいです。
鉱物界と宝石界の分野違いによる意識の違いは歴史も長く、根が深い問題では
ありますが、何時かこの青のようにすっきり爽やかに解決するといいですね。

勿論、判っててわざと「天然です」って「ウソじゃないけど情報不足」な言い方してるところは別。
様々な部分で混乱を招くので、何とかして頂きたいです。
特に鉱物系の場合、情報は正確にお願いしたいものですね。




BGM:Isildurs Bane「Unity」

スポンサーサイト


コメント
(^^)
昨日チラ見してきれいだなぁ~と思っておりました。

情報不足はコレクターであればこその要望。
宝石系でもコレクターさんがいますから気になる方はいると思うんだけど・・
確かに色々あるよね・・・

ところで遅まきながら浜松町おつかれま様でございました。
冷却は無事完了でしょうか?(笑)
こちらは昨日の夜からだいぶ暑さが楽になりのんきにしております。

因みに私、情勢特有の冷え性人間で、浜松町かなり寒く感じてました(^^;
自分がどんだけ冷え性かよくわかった(^^;



kana│URL│2010/07/12(Mon)21:06:15│ 編集
Re: (^^)
kanaさんも浜松町お疲れ様でした。
2日間サロンパナイザー化して、冷却も無事完了です。(笑
元々暑がりなもので、結構アレでもしんどかったです。

そう、コレクターならではでしたね。>明記
これも「モノの画一的な見方」の罠でした。
危ない危ない、ご指摘感謝です。

TONGARI Take│URL│2010/07/12(Mon)22:21:09│ 編集
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/555-5fc7192d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。