「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
18:00:23
さあ、横浜&新宿合同戦利品特集。
終わりも刻一刻と近付いて参りました。

ってか、いい加減長過ぎるってのもごもっともな。(汗

本日1個を出したら、明日明後日で2個づつ。
それで終わりです。
撮影がどうしても巧くいかない子が1個だけあるんですが、
これはまぁ宿題と言う事で一つ。

で。
何度か申しておりますように、鉛鉱物好きのワタクシ。
割合基本的なところはさらえて来た感はあるのですけど、その基本的な
鉱物の中に1個どうしてもお迎えが難しい子がおりまして。
風景的な美観は結構高確率で持っている子なのですが、いかんせん
平均してお値段がですね。(汗
まず通常ボーダー以下の物自体が殆ど見掛けなかったりして。

そんな中、新宿で某米系壁際高級店がやってくれました。
通常ボーダー以下で、押しも押されぬ銘山産で、サイズこそ
サムネイル級ですがきちんと母岩付きの肉眼サイズ結晶で、
しかも人気の飴色で、勿論風景も申し分無し。

そんなTONGARI待望となった子がこちら。

硫酸鉛鉱_ナミビア1
きゃー!ヽ(*´▽`*)ノ

ナミビア・ツメブ鉱山産の硫酸鉛鉱です。
実サイズは先述の通りサムネイル級で、約30x25x25mmほど。
サムネイルといっても、結構ぱっつんぱっつんですね。
ご覧の通り処少々ダメージ的な部分はございますが、これは殆どが
母岩の接触跡か、何か別鉱物の結晶が外れた跡。
強いて言えば数箇所のクラックのみが、ダメージらしいダメージです。
母岩は鉛スラグと褐鉄鉱の中間的な感じで、表面に酸化膜が生じ
所謂「虹の石」状態になっており、その上にごつんと小さいながらも
濃厚な飴色・高い透明度・同じく輝度を備え、十分な厚さを持った
重量感溢れる硫酸鉛鉱の結晶が鎮座。
中でも一見そうでも無いように見えますが、透明度は非常に高く、
画像で赤茶けて見える部分は実際には殆ど「向こう側」にあったり。
いやはや、硫酸鉛鉱のこんな良品が、しかも銘山ツメブ産が
通常ボーダー以下で掘り出せるとは。(ほくほく
通販その他で指を咥えてガマンしてた甲斐がありました。

初登場の硫酸鉛鉱、名前の通り鉛の硫酸塩鉱物です。
組成はPbSO4で、結晶構造が同じ重晶石天青石とはグループ仲間。
といってもこの三者の中では最も希産で、その光沢や屈折率は
他二者より強烈でむしろ白鉛鉱に近く煌びやか。
産状も白鉛鉱とよく似ており、重晶石との同族共産もあります。
ちなみに重晶石とは固溶体の関係でもあったり。
もっとも、硫酸鉛鉱は三連星型にはなりませんけど。
産出的には微細なものならともかくそれなりの結晶となると
白鉛鉱より少なく、現在纏まって標本市場に出ているのはここツメブと、
あとはモロッコのTouissit二箇所が殆ど。
少数派ではたまにスペイン等から小さなものが出るのが大部分です。

そんな良く似た部分のある白鉛鉱を好きな私にしてみれば、
ほぼその延長線上に自動的に乗っかって来るような鉱物。
しかし、これがまた中々手頃な良品は無いのです。
まぁ、コレに関しては検索結果をご覧戴くのが手っ取り早いでしょう。
まして黄~飴色のものは無~白色よりも遥かに評価が高く、
価格も更に上昇しますので、この子の通常ボーダー以下という
お迎え価格は本気で掘り出し物の部類なんですよね。

正直、この子はお迎え出来ただけでも嬉しいです。
しかし、その上でこの迫力あるツラですから、更に倍。
母岩の虹の石化も少な過ぎず派手過ぎずで、非常に良いバランス。
そして全体の姿に、硫酸鉛鉱の飴色が必要とされている感がひしひしと。
手頃なだけでなく、ここまできっちり風景の出来上がった子もそうはなかなか。

非常に高クオリティの盆栽と鉱物的興味対象。
同時に2つの需要を満たす、正に欲張りさん(私)の為の子だったのです。


BGM:Iona「Songs Of Ascent, Pt. 1」

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/547-6bdf5c96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。