「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
14:38:36
またも号外が挟まりましたが、引き続き横浜&新宿合同戦利品。
今回も数で勝るの新宿より。

これも頂き物です、どうもありがとうございます。(*´▽`)ノ

クリソプレース_オーストラリア1
タイトルはこれを見た某友人の一言。

…いや、それもどうよ。(笑
確かに形はそれっぽいけどさぁ。

そんなこんなで、オーストラリア産のクリソプレースです。
もちょっと詳しく言えば、ニッケルで緑に発色した玉髄。
実サイズは40x25x25mm程、確かにクリオネっぽい。
全体に玉髄の染みた褐鉄鉱部分が多めですが、内部に脈状の
クリソプレーズが入っているお馴染みのスタイル。
というか、案外透明度高い部類っぽいです、この子。
普通に買った同地産を1個持ってますが、こんなに透けません。(苦笑

この子は先述の通り頂き物なのですが、その際に少々妙なやりとりが。
某店ブースの軒先に、福島宝坂のオパールがあったんですけどね。
でっかい業務用タッパーに水と一緒に山盛りで。
そこは元々仲良くさせて頂いているお店なので、「おっ宝阪ですね」とか
言いながら、話などしつつ数度掘り返していたのですが。

何か1個だけ、明らかに宝坂じゃない緑のヤツがいる。(笑
どう見てもオーストラリアのクリソに見えたので、お店の方に
「何か異邦人が混じってますよ?」と言ったら。
(o゜▽゜)<「ああ、それさっきあったから手近なここに投げ込んだのよー」
おーい。(´ω`)
(o゜▽゜)<「産地も当たってるし、それあげるわー」
いやいや、いいんですかそんなんで。(´ω`;)

…という訳で我が家に。(笑
いやぁ、見慣れておくもんですねぇ。
(元々アバウトなお店なんですケド

でも、その帰宅時に友人にはありがたいのか判らない称号貰ったり。
どうも本筋以外の部分で波乱の人生(?)歩んでる子です。(苦笑

というかですねー。
その称号貰ってこっち、私にもクリオネにしか見えなくなってですねー。(笑
他にどうにも書きようが…ってか、濡れると余計にそう見えてくるな。


…皆さん、これクリオネ以外何に見えます?


こんな終わりでいいのだろうか。(汗



BGM:Duran Duran「I Dont Want Your Love」

スポンサーサイト


コメント
・・・
ウルトラシリーズの怪獣、宇宙人系にこんなのがいたような;;;

私はクリオネのお食事捕獲シーンを観てすっかり「外見で判断しちゃいけないんですっ」と学びました。
あの落差はむしろすがすがしいくらいグロくて萌え。

tomoko│URL│2010/07/02(Fri)22:18:38│ 編集
Re: タイトルなし
ひょっとしてそりゃベ○スターの事ですか?(笑
確かにちょっと似てるかも。

クリオネの捕食は確かに知らないとびびりますねー。
でも良く見ると、インソギンチャクとあんま変わらないのですけど、
やっぱり通常時との差が激しいから目立つんでしょうねぇ。
…は、これが噂のギャップ萌えというやつk(殴

私クリオネの捕食を初めて見た時に、「宇宙家族○ールビンソン」の
チカを思い出してしまいました。( ̄▽ ̄;
まぁ、アレも似たようなもんですか…。

パーカーの存在感は素晴しい。

TONGARI Take│URL│2010/07/03(Sat)11:05:49│ 編集
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/537-74f0ee71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。