「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2010/06/21
16:16:34
さて本日2発目、引き続き新宿のターンです。

鉄系以外の子が、出たがってうずうずしています。(´ω`)
ので、この辺で鉄の流れを一旦ぶっちぎって「渋い石」だけで
今回は繋げていきましょう。

そんな2発目、風景のみならず存在感も種としても非常に渋い
スタンスにいる子は、欧州よりこちら。

ケルスート閃石_チェコ
枯山水の趣が。

チェコはSuleticeより角閃石一族の一、ケルスート閃石です。
…はい、私もよく判らないままお迎えしました。(苦笑
実サイズは全体で60x60x50mmほどの、ごろっとした淡褐色の岩塊。
そこへ画像の最大結晶(長さ20mmほど)を筆頭に、各所に大小様々、
大量の本鉱が突き刺さりまくってます。
一部は表面が白い板状の鉱物に変質しているようなのですが、
それが何かは判りません。
また、部分的に赤く透ける所は苦ばん柘榴石の可能性が高そうです。

調べてみましたところ、本鉱は角閃石一族の内Ca角閃石の一員、
つまりお馴染み緑閃石透閃石のお仲間だそうで。
ついでに長野甲武信緑の鉄ヘスティング閃石もその一員。
組成的にはNaCa2(Fe2+4Ti)Si6Al2O23(OH)でマグネシウムとチタンを
含有し、アルカリ火成岩中に出るのが特徴だそうです。
…という事は石英族とはあんま仲良しじゃないはずですね。
共産鉱物も苦ばん柘榴石をはじめ普通輝石・チタン鉄鉱・斜長石など。
全体に高圧系鉱物が多いらしいです。

まぁ、あんまり詳しくは正直よく判りません。(苦笑
ただ、これ堀博士のところでお出迎え(3桁♪)したのですが、以前お店の
リストに掲載された同鉱とは微妙に産地が違うみたいです。
国は同じチェコ産なんですけどね。

まーアカデミック(?)な話はともかく。
ご覧の通り、とても角閃石らしい堂々とした結晶が、有無を言わさず
この石を全体を良い感じにしてしまっております。
母岩付き角閃石一族の標本は良く見かけますが、個人的に堂々さでは
今まで見た中でも結構上位にある感じ。
色調こそ確かに乏しいですが周囲との調和が良く変な押し出しも無いので、
まるで良く出来た一服の掛け軸的風景にすっぽりと収まってます。
周囲の斑晶群も賑やかにもやかましくもなり過ぎず、ベストな量感。

ううむ、やはり盆栽派としては、角閃石も侮れません。


BGM:Jimi Hendrix「Once I Had A Woman」




スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/514-9e44efa4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。