「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
11:33:35
標本リスト作成続行中。
項数は1147へ到達しますた。

現在のところ、ラストに来てる子は白雲母さんです。
そろそろ特徴書いておかないと混ざりそうになって…。(苦笑

ともかくですね。
そんなこんなで昨夜から作業していたんですが、そろそろ
良い感じに色々と限界っぽいので、さくっと記事書いて寝ます。
つーか寝かせて下さい。

換わりにこの子置いておきますから。

レオパードスキン_ブラジル1
比較的「鉱物系」ですが大元は「石好き」な訳で。

ブラジル産の通称レオパードスキンです。
実サイズ約30mm四方の子にがぶり寄りです。
素性確認してみたんですが、これって鉱物(てか岩石)的には
1種類ではなく、似たようなスタイルの子総括の通称なんですかね?
種類絞れなかったんで、記載しなかったんですが。

時折こういう子がいて、リストに何て書くか悩んだりもしてます。
といっても、これはまだ通称があるだけいい方ですけど。(苦笑
そこらで普通に安く売っている、悪く言えば雑多な石の1つですが、
私は割合と好きな部類に入ります。

1個1個、全部表情が違います。
この人によってはちょっと気持ち悪いかもしれない、アブストラクトな
脈と球粒の入り方が、距離によってまるで違う顔をしてくれるのです。

瑪瑙が愛されるくらいなんですから、もっと愛されてもいいですよネ。
どっちも美観の本質は、余り変わらないと思うんですよ…。

嗚呼、でも我が脳内も今はかの如く。
沈み行く意識、結晶へ昇華するは如何?


BGM:Peter Gabriel「Big Time」
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/465-21a60d02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。