「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
08:04:33
こないだ更新サボった分の埋め合わせその2です。

アベンチュリン_ブラジル1
あべんちゅりーん。ヾ(・ω・)ノ

ブラジルはバイア州、Ibotiramaより含クロム白雲母入り石英、
人呼んで「グリーンアベンチュリン」の原石です。
自形結晶はかつてあったとかいうお話も聞きますが、現状流通が
無いらしいので半自動的に塊状のラフカット。
実サイズは40x20x20mm程で、表面のそこかしこに雲母がへばり付いて
いかにもといった様相を呈しています。
緑もかなり深くて中々宜しいのですが、磨いてないからか肝心の
アベンチュレッセンスはちょっと見え辛い。

アベンチュリンといえば昨今は珪岩染めのものが幅を利かせてますね。
実際、その手のものも幾つかタンブルで持っております。
(意図的であれば、あえてフェイクを持つのも重要な事だと思います
この子は一応、見た限りではきちんと石英。
余りの鮮やかな緑に一瞬染めも疑いましたが、そんな事も無い様子。
がさがさしているので一瞬「ん?」と思ってしまいますけど、考えて
みれば細かい雲母が多量にインクしている訳ですから、逆にがさがさ
した感じにならない方が不自然と言えるでしょう。
切り込みまみれなのと状態としては同じですからね。

前記事にもちょっと繋がりますけど、石には原石そのままの方が
良い場合と、磨いた方が特徴が活きる場合がございます。
無論標本としては無研磨が最も望ましいと思いますが、風景派として
その点から言うと、どっちにもそれぞれの良さがある訳で。
事実この子は間違い無く磨いた方がストレートに美しさを味わえると
思いますけど、それでもやっぱり原石のゴツゴツ感も魅力ですね。
磨くのであれば個人的には下手に形を作らず、そのまま表面だけを
クリアにして頂きたいなーと思うトコロ。
素材用でなければ、そっちの方が私は好きです。

いかにも石!という荒れた表面から時折覗く煌きが、そしてやはり
荒れた表面のせいで少々見難いながら深い透明感のある緑色が。
美しい石ころの典型のようなこの子。

やっぱり、緑石好きとしては外せない一品なのです。

…ところで、原石状態のアベンチュリンは緑しか見た事がありません。
他の色って流通しているんでしょうか?(・ω・)
ブルー(デュモルチェ石入り)だけはありそうですけど…。


BGM:Jan Akkerman「Passion」
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/419-68697d2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。