「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2010/04/08
20:19:30
本日、ちょいと某所をリアルタイム監視しております。
ので、石日記の方はあっさりと。

孔雀石&珪孔雀石_コンゴ1
昨日からは銅二次繋がり。

コンゴ産の孔雀石&珪孔雀石の表面磨き品です。
実サイズは65x35x20mm程、全体が煎餅か何かのような裏側中心の窪んだ
板状をしており、その表側に仏頭状成長した混合二種の頭部分だけを
削ぐように磨いてあります。
コンゴ産で時折見られる磨き方でして、完全に板になってしまわず
結晶群の根元の方はそのままなのが特徴デスネ。

磨きは基本的に標本としては原石より好まれず、私の単純な趣味から
言ってもやはり基本原石が好きではあるのですが、これは個人的には
十分許せる範疇に入ります。
同じ磨くといっても、その石の見せ所を考えている場合と考えて
いない場合がございますが、これはその辺後者でしょう。
特に裏を(わざとかどうかはともかく)きちんと磨いてしまわず、

孔雀石&珪孔雀石_コンゴ1裏
母岩接触部を残してるのはポイント高いですね。

この産状の孔雀石、そして積層連続状に共産する珪孔雀石(あと書いて
ありませんが、黒い部分は多分黒銅鉱)は標本としては主に2つの見せ方が
ありまして、その片方がこの「成長による層状模様」を出したもの。
もう片方は結晶そのままの状態ですね。
普通鉱物標本としては後者が最もスタンダードではありますが、そもそも
孔雀石の英名「Malachite」はゼニアオイ、和名はそのまま孔雀の羽に
この断面模様が似ている処から由来しているので、ひょっとしたら
こっちの方が「本来的な標本」としては相応しいのかもしれません。

裏を見ると細かい中に各種銅鉱物の気配が見て取れ、表は仏頭状の
結晶群が成長するプロセスを年輪のように見られるこの子。
鉱物標本は数あれど、ここまで端的に孔雀石(と、珪孔雀石)という
1鉱物の一生をキレイに表している標本も中々無いと思うのです。
生成材料から流通時の研磨まで、全て揃ってますもんね。

このタイプの孔雀石には、何時も英名由来のゼニアオイならぬ、水に濡れた
ゼニゴケの気配を感じてしまいます。
日本で例えるとなると、ゼニアオイより近いと思うんですがどうでしょう?


BGM:Atoll「L'araignée-Mal -d) Le cimetier de plastique」
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/418-6fb319fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。