「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
09:58:20
皆様おはようございます。
微妙に曇りがちで、故に微妙に撮影光量が足りない朝。
戦利品の整理が終了しておらず、文字通り石に埋まって寝ている
末はモノの堆積により化石になりそうな漢TONGARIです。

いやほんと、ケース不足で収拾が…。(汗

撮影が出来ないから仕舞い込めない、という事もあるんですが、
まーいい加減六畳間の物量じゃ無くなって来ている気が。( ̄▽ ̄;

それはともかく。
フツーの流れであれば、この辺から横浜戦利品お披露目な訳ですけど、
上記理由によりまだ1品も撮影出来ておりません。
なので、当然戦利品特集は不可。

…で、ですね。
折角間が空きますから、有効活用しようと思いまして。
ちょっと前から暖めてたネタにて暫く特集をやろうと思います。
多分、まだ誰も…かどうかは判りませんが、普通の認識ではちょっと
ジャンル違い的なイメージがあるせいか、余りやろうとしないであろう、
実際私も見た事が無い特集をですね。

その特集とは何かと申しますと、「石屋以外でお迎えした石」。
それも、超メジャーなあのお店出身品で参ります。
それは何処かと申しますと…。

黄鉄鉱&苦灰岩_スイス1
DIYズ御用達、東急ハンズ。

という訳で、石はあるけどそんなにいいのん?という疑問が何気に
結構多いであろう東急ハンズ出身石の特集です。
私の行動範囲的に、全て町田店になりますけどね。
先鋒たるのは純白に黄金色が映える、スイス産の苦灰石中の黄鉄鉱で。

…純粋な石屋さんだと個別特集は色々やり辛い面もありますが、
ここは基本「ついで売り」だからか何故か気楽。(・∀・)

これは結構レギュラー品なのか、割と何時でも置いてあります。
ケースでも奥に引っ込められている事が多いのですけど、実は地味に
母岩・結晶ともに高質なものが揃ってたりして。
ご覧の通り、鋭く光を返す高鮮度な黄鉄鉱が山盛りです。
これは実サイズ70x50x45mm程と私にしてはやや大型ですけど、実際には
これでもちょっと小さめな方。大きいものはもっと大きいです。
それで¥1000台ですから、標本として安価かどうかは判りませんけど
風景派としては非常に美味しい子です。

ご存知の方はご存知でしょうが、東急ハンズの鉱物関係は主に某超有名
化石・鉱物標本屋から仕入れています。(実際はもう1箇所あるとか?
このお店は幾度か本ブログで「産地表記が甘い」と書いた某店なのですけど、
どーゆー基準かものによってはちゃんと書いてあったりします。
(但し、判ってても書いてない事もあるのは個人的に実証済
その辺がやはり同様の難があるのが惜しい所ですけど、コレが中々質も
バリエーションも馬鹿に出来ないものが揃っていたりするのです。
下手をすれば、某水晶みたいに実質最安な場合もございますし。
また、時々思い付いた様に変わったものが入る事もあるので、油断出来ません。
私、最低でも3週に1度くらいはチェックしています。

で、この石。
実際に探すと案外入手が面倒なスイス産鉱物。
その中でも余りにも希少性等の面で「華」が無いのか、こんな基本的な
鉱物が実は売っている場所が少なかったりします。
そんな中、レギュラーでこれを置いているというのは見逃せないかと。

抜けるような白と、豪奢に輝く金色。
日本では人気が今一つらしい黄鉄鉱ですが、こういう素晴らしいものを見ると
欧米での高い人気も頷ける気が致します。
だって、素直にキレイ=美しいですもの。
そして基本的であるが故に、そのお店の地力が出易いと思うのです。

先鋒として、この美観はうってつけだなーと。
いや、気に入ってるんですよ、ホントに。


BGM:Iona「Songs of Ascent, Pt. 1」
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/396-a1bd3d06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。