「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2010/02/04
13:37:34
さて、本日の石日記…。
…うーん、補填はもう無いかなー?

と、考えておりましたらデスネ。
幾つか「当たり前の鉱物」でまだ出していないのがそこそこ
あるなーと思い当たりましてデスネ。
普段当たり前のようにお話して、時には競演や脇役として
出ている事はあっても、単独でのご登場がまだだ…という一群。
それもいざ確認してみたら結構な数がございまして、未だ
画像が完成していない子も多々。
なので特集…とは参りませんが、ぼちぼちご紹介しなきゃなと。

そんな当たり前鉱物の第一弾として、今回は昨日同様に
モロッコ特集時の「狂気日食」、そしてその次記事だった
「In Camera」へのフォローも兼ねて、あの石を登場させましょう。
ただし、産地としてはスタンダードというよりはどちらかといえば
新進気鋭といった方が正しい部類に入るかとは思いますが…。

しかしそれでいながら。
私にとって「鉄」といったら外せない、あの国からです。

赤鉄鉱_南アフリカ1
漢度120%。

という訳で、南アフリカはこれまた銘鉱のヌチュワニングⅡ鉱山より
「極当たり前の鉱物」の1つ、赤鉄鉱です。
実サイズは30x15x20mmほど、スタイルとしては六角板状と腎臓状に次ぐ
産状である三角尖塔型板状の、見るに鋭い好結晶群。
鮮度の高い強烈な光輝の結晶面と、闇に沈む鋼灰色の対比がいかにも
金属鉱らしい金属鉱といった雰囲気のシャープな一品です。

コレは結構最近Webでお迎えしたのですが、多くの赤鉄鉱が表面に
曇りやら風化跡やらが浮いている事が多い中、ヌチュワニングの赤鉄鉱は
全体的に異様なほどの高鮮度を保っているものが多いように思えます。
そういう性質の鉱山なのか、はたまた最近活発に採掘されて新鮮な品が
多く出回っているのかは窺い知る事は出来ませんけど、何れにせよ
蒐集する側としては誠に有難い処。
鮮度が絶対とは思いませんけど、じゃっきりシャープ且つ高コントラストな
この子には、やはり高鮮度が似合うと思うのです。
なので、結構目移りし易くキケンな産地でもあります。
だって美しいんですものー。( ̄▽ ̄;

ちょっと話が逸れますが、最近私ってば半分意図的・半分無意識くらいで
お迎え品の中の金属鉱率が高めになっています。
それも硫化鉱物を中心としていかにも「金属鉱!!」といった部類。
本日も色気にほだされた黄鉄鉱や車骨鉱、珪灰鉄鉱等がご到着。
PC新調前の注文品なので、地味にきっついですが。(苦笑
そーいえばバナジン鉛鉱もまた複数、どんだけ増えるんだ自分。

閑話休題。
本来ならスタンダードな赤鉄鉱としてはブラジルや欧アルプスの
六角板状結晶か、イギリス・モロッコ等の腎臓状かと思ったのですが。
…実は前二者は単独では、後ろ二者はそもそもモノ自体を持って
なかったり致しまして。(汗
そんな訳で、今回赤鉄鉱界ではニューフェイス気味のこちらに
ご登場頂いた次第です。

しかし、十分役割を果たしているどころか、下手をすれば上記の
「先輩方」を食いかねない程の魅力があるのが恐ろしいトコロ。
でも、食うかどうかはともかくとして素晴らしい産地が増えるのは
素直に嬉しいところでもあります。
まだ評価が一般固定化していないのか、何気に手頃なものも探せば
結構見付かったり致しますし、益々キケン度アップな感じで。

その様はまるで鋼の城塞。
何と言うか、多少の攻撃なんて屁でもないぜ感が絶賛充満中。
僅かにサムネイルサイズではございますが、その迫力たるや
遥かに大型の歴々と比較しても全く引けを取りません。
ヌチュワニングを始めとする南アフリカ。
色々と知られて来ているようで、まだまだ奥の深い産地です。

伸びた背筋に、産地の誇りと意地が見える。
そんな練達の武道家の如きストロングな子であります。


BGM:Quidam「Bajkowy」
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/351-1db6eb51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。