「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
23:33:30
以前スコレス沸石&方解石の感動的造型石の時にちょろっと
書きましたが、インドの石が大好きです。
石そのものまで「ひょっとしたらヨガマスター?」なほどのあの芸術性の高さ、
脅威の「偶然度」、人間の発想ではありえない造型、それでいて非常に
美しいという、二律どころか十律くらい背反していそうな不条理さ。
その全てが面白くて仕方がありません。

そこで数回、驚愕のインド造型世界をご紹介したいと思います。
ですがその前に、どうぞこちらをご覧下さい。

カルセドニー1
インド産の水晶・玉髄です。
正確には「板状玉髄の上に微細な水晶が結晶したもの」となります。
なのでちくちくは全て水晶の頭で、正確には画像上で玉髄は見えていません。
玉髄(カルセドニー)というのは水晶と同じ二酸化珪素(SiO2)組成で
結晶の結合スタイルが異なる石となります。よくウルグアイやブラジルの
アメシストクラスターの基部で層状になってるあの部分ですね。
この石は、あの辺の無色水晶版をそのまま縮小したような構造になっています。
ちなみにドーム状部分の直径が、1個あたり10mm前後程です。

他にも瑪瑙(アゲート)、碧玉(ジャスパー)、蛋白石(オパール)等々
二酸化珪素の変身術はやたらと多数あるのですが、それは後日全ての
画像が揃った所で解説と検証・私感を一度纏めて書こうと思いますので
今は割愛させていただきます。

さて。
ぽこぽことドーム状に細かく発達した水晶(一応ドゥルジー?)が出て、上に
鉄分等他鉱物の付着で微かに色付いたこのスタイルは、インド産で
「玉髄」と呼ばれる石の最もスタンダードな姿です。
そういう意味で変だったり珍しかったりするような要素は一片もありません。

ただ、私は何事にもそう思うのですが。
変化球を投げる為には、まずストレートがしっかりしないといけないと思います。
そうでないと「どこが変化球なのか」理解出来ないでしょう。
なので、本日はインド石の最も「ストレート」な姿であるこちらを掲載致しました。

とはいえ、だからつまらないかと言うとそんな訳もなく。
一見冴えない土色の板でありながら光にキラキラと輝く姿は朝露を浴びた
山のようでもありますし、画像のようにアップにすれば実に繊細な世界を
持っている事をお判り頂けるかと思います。

普遍的にして美しく、飽きる事が無い。
そんな音楽にも通じる「スタンダード」の良いお手本がここにもあるのでした。

BGM:Anekdoten「Sad Rain」
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/31-d364dc06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。