「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
17:52:13
池袋戦利品特集続行中、本日3発目で~す。

そういえばですね。
今回は普段より水晶を押さえ気味にしていた訳ですが。
この産地も今回は1個だけでしたね。
普段は幾つかある事が多いんですけど。

そしてここにも絡んで来ています、石綿。
正確には大部分は石綿になっていない角閃石状態なのですが、
細い所はきっちり繊維状。
そんな前回からは角閃石&水晶繋がりのこちらの子で、本日はラスト。

水晶_ガネーシュヒマール8
しゅばばばば。

という訳で、普段だったら小物数点はある事が普通なのですが、
今回はコレ1個だけのネパール・ガネーシュヒマール産水晶です。
実サイズは45x50x35mmほど、クリアで整った柱型水晶に、緑泥石と
共に大量の角閃石が突き刺さっています。
ガネーシュヒマールの角閃石は透閃石が多いそうですが、この子は
その辺がはっきりしないので「角閃石」表記で。
尚、手前の結晶が折れているように見えますが、コレはインクの
関係上細分化されてしまっただけで、ちゃんと個々に錐面があります。

タバコ休憩しておりましたら、同じく一服中のスタッフの方と
話が弾んでしまいまして。( ̄▽ ̄
折角のご縁ですし、風景も面白かったので1つ戴きました。

ガネーシュヒマールで緑泥石と角閃石の入った水晶は、皆様
よくご存知の通りレギュラー中のレギュラー品。
完全に緑でみっしり埋まってしまったものからほんのちょびっとな
ものまで、バリエーションも産出量も多いです。
ただ、この子は今まで良く見ていたガネーシュ緑とはちょっと異なります。

水晶_ガネーシュヒマール8母岩
丁度画像手前結晶の裏側辺りです。

確かに、角閃石入りは全く珍しくありません。
しかし普通はいわゆる「ススキ」程度に入っているものばかりで、
ここまで大量に、しかも中々太い結晶が刺さっているのは初見。
しかも普通のガネーシュの母岩は基本長石と石英の細粒で構成され、
水晶自体に角閃石が入っていても母岩にその気配が薄いのが普通。
ところが、この子は母岩まで見事にびっちりと角閃石。
構成的にも普段より石英と長石の結晶度が甘い感じで、明らかに
従来とは異質な鉱脈の産出である事が伺えます。
とはいっても、産状としては完全に熱水系のスタイルなので、
通常のガネーシュと同じアルベンバイン鉱床産なのは確かでしょう。
ただそれでも、剥き出しの角閃石結晶束まで見れるのは驚きです。
スイス等の欧アルプスだと緑閃石が母岩にも繋がったスタイルを
良く見かけますし、鉱床スタイルは同じなので不思議ではないのですが。

水晶_ガネーシュヒマール8裏
クラスター自体の裏側。

ちょっと面白いのは、何処を見ても殆ど角閃石の密度に変化がない事。
確かに角閃石は出来る時はわしゃっと大量に出来る事が多いですから、
密度が高いこと自体は不思議ではございません。
しかし、この子と並んで売っていた同郷っぽい子達を比べても、
殆ど密度に差が無いのです。
差が無いという事は、広範囲に渡って温度・濃度等が同条件の鉱液が
存在したという事。不揃い・ランダムな事が基本の鉱物において、
この統一性はちょっと凄いです。
それでいてガネーシュ独特の気配は損なっておりませんから見事なもので。

元々ガネーシュの緑水晶は、ストイックながら活気に溢れる雰囲気を
感じておりましたが、この子はその中でも特に体育会系。
しかも、野外でやった方が圧倒的に面白い競技の気配がします。
寒さで若干篭りがちになる昨今ですが、たまには外で体動かさないとですね。

動かさないとですね。
ビールは全て腹に行く訳ですヨ。 orz

うーむ、サイクリング復活させようかしらん?


BGM:Ten「March Of The Argonauts」
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/299-876d3047
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。