「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
04:35:59
ちゃーらちゃっちゃー。
ちゃーらちゃっちゃー。(←X'masっぽい何かの音楽

池袋戦利品続けますよ。
例え私が本日どうだろうと、続けますよ。

どうかは具体的に聞かないよーに。 orz

さて。
本日は個別ネタなので、前との繋がりはございません。
まーとりあえず、聖夜らしく樅の木に雪が降りましたよっと。

リチア電気石&鉄電気石_アフガニスタン1
リアルな針葉樹グリーン。

アフガニスタン クナル産のリチア電気石&鉄電気石です。
実サイズは50x50x50mmほどと、ほぼ空間も含めれば立方体気味。
表面を大理石に覆われた電気石が、実にリアルに針葉樹。
キャップ部分だけ青かったりしますけど、もう緑でいいですよね。(笑

これもはっちゃけ業者出身品なので、この質量に対しては随分お安く
¥2000しませんでした。本気で処分価格です。
何せ他の面もこれですし。

リチア電気石&鉄電気石_アフガニスタン1アップ
何気に質高そう。

もう、この連峰感にヤラれた子なので、今回の出番が
ある意味天職な感じです。
鉱物的にももう何度も出していますので、説明が省けるのも楽。(笑
まー、オノレの境遇がどうであれ、世間的には聖夜。
ブログでぐらい、野暮無しで行こうじゃないですか。

愚痴なんて、1人で溢せばいいんだい。(´・ω・`)


…ん?
ショールは何処かって?

いや、ご覧になってますよ。
この石全体が、実はショールの上に生えたリチア電気石ですから。
つまり、基部直径はほぼそのままショールの単結晶サイズです。
高さだけは部分によりますが。

一眠りしたら、コレに飾り付けでも致しましょうかね。


BGM:Derek & The Dominos「Tell The Truth-Jam」
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/290-2b089265
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。