「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
18:04:00
おおっと、すっかり失念しておりましたが。
本日は祝日前…ハピネス祈願鮮やか石タイムじゃございませんか。

最近、祝日余り関係無いので流しかけてしまいました。 orz

という訳で本日3回目更新行きますです。
本当は水晶でまた繋げようと思っておりましたが、実は今回
すかーっと鮮やかな石というものが全体的に少なく、どこか
くすんだようであったり、前回のように荒ぶる子だったりして
何気にセレクトに迷ったり。

だもので、ちょいと繋げ要素はございません…と思っておりましたら、
地味に繋がる子が1個ございました。
という訳で、今回の鮮やか石はこちら。

青異極鉱_中国1
みんなだいすき へみもるふぁいと♪(゚∀゚)

…かどうかは判りませんが、人気の子なのは確か。
中国雲南省産の、銅で青く色付いた異極鉱です。
実サイズは40x20x20mm程と、このタイプの中国異極鉱としては割合と
コンパクトサイズで、母岩表全体を皮膜型仏頭状結晶群のものが鮮やかな
水色~ちょっとくすんだアクアグレー(?)に覆っております。

今回…といいますか出展さえなさっていればほぼ毎回あるっぽいのですが、
この子は某お世話になっている国内店様の3個で¥1000均一箱出身。
この箱、何気無く良いものが紛れ込んでいて好きなのです。
池袋では2セット分色々と捕獲致しましたが、探索の際にわざわざ
「裏在庫もあるから見においでー」と、ブース内で補充分まで拝見して
選ばせて戴きました。お忙しかったのに感謝です。(*´▽`)ノ>某店様

さて、中国の青異極鉱となりますと、必ず付いて回るのがフェイク問題。
最近は余り無いようですが、一時期同形状のあられ石を人為的に青く
染めたものが出回ったとか。
実際私も見た事がございますが、実に巧妙な感じでした。
ので、この子は信頼出来るショップさん限定で探しておりまして、
中々お迎え出来なかったものを今回めでたく…という次第。
個人的にはこちら(本物)の方が手触りが滑らかに感じますが、
まぁどう考えても確実な手法ではございませんので、結局自分が
安心出来るショップ様を探すのが一番と言っておきましょう。

で、この子。
こういう仏頭状結晶は本鉱を始め、様々な鉱物で見る事が出来るスタイルです。
特に銅関係にはやたら多いです…これとかも多分そうですね。
そんな鉱物の一般的産状の部類に入る仏頭状ですが、何気に
盆栽派の私にとっては難儀な相手。
1部分を切り取るように風景を探すのは簡単なれど、全体で「こう」と
風景が出来ている子というものが中々見付からんのです。
一番極端な例が孔雀石で、あれはいくらでも見る割に中々気に入った
ものを見付ける事が出来ません。

そんな中、この子。
皆様、一度アタマを白紙にして、よーっくご覧下さい。
上の突出が頭、その脇の左右突出が肩、そこから手が伸びて、
腰掛けた膝の間に剣を挟んで…どうでしょう、見えますかね?

まるで青白く統一された装飾鎧の騎士のように見えませんか?
私は何となくそー見えちゃったんですよ。
で、お迎えしたと。

折りしも年末・そしてX'mas前。
月下の基、戦い終わって悔いの残る事の無い様、全力を尽くして
…しかし、騎士道的礼節は捨てずに…夜をお楽しみくださいませ。

え?私?
はっはっは、常に変わらず1人呑み予定っすよちっくしょー。(´・ω・`)
ちなみに前回記事からは、「剣」繋がりで。
気付いた方、いらっしゃったかな?

※余談
そういえば、X'masネタとしてツリーを用意しています。
勿論、本物じゃなくて石で。(・∀・)
これ、23日中に出しておくのと24日になってから出すの、
どっちが皆さんハピネスなんでしょうね?


BGM:Caravan「Keeping Back My Love」
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/286-c73a97d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。