「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2009/12/08
16:36:30
折角ですので、もう一発ラフカットネタ繋げてみましょう。
本日の石日記は、昨日のメキシコから更に南へ下ります。

極普通の産地。
極普通の鉱物。
これらはどちらも、各々では何らおかしな所の無いものです。

が、皆様。
普段至極普通に見ている鉱物産地に、ある日突然
「あんな当たり前のあの鉱物、そういえばあったっけ…?」
などと思った事はございませんでしょうか?
他の石は滅多やたらと出ているのに、何故だかピンポイントでその石が
殆ど見受けられない。そんな日常に潜伏した意外性を見落としておられませんか?

私は今まで幾度かございました。
たとえ眼に入っても、ニンゲン意識していないと中々気付かないもんだなと実感。
そこで、本日はこーんなメジャー産地の、しかしいざ探すと中々見付からない
至極当たり前の鉱物のラフカット品をご覧戴こうかと思います。

蛍石&方解石_ブラジル1
初見時「ミャンマー産?」と思った私に罪は無いはず。(笑

天下の鉱物産出国、ブラジルはバイア州より、どメジャー鉱物の蛍石&方解石です。
皆様、「ブラジルの蛍石」って意外とご覧になる機会無いのでは?
私もこれで「は、そういえば無いな」と気付きましたし。
あまりに普通なタッグなので、意外かつ普通過ぎて気付かれ難いと思うのです。

本鉱は実サイズ40x20x10mmほど、ラフカットというか劈開割りというかちょっと
微妙な感じのものでして、白色が方解石・紫色が蛍石になります。
一瞬大理石(=結晶質方解石岩)かとも思ったのですが、ラベルはこうですし完全に
結晶が組まれているっぽいので、しっかり方解石みたいです。
で、その間に脈状というか空隙を埋めるというかそんな感じでみっちりと蛍石が
結晶しております。

あらゆる鉱物がどんどこ産出するブラジルで蛍石、まず出ないはずはありません。
希産鉱物でもないですし、色んな鉱物の付随としても一般的ですし。
しかし何故だか姿を見ないので、コレを発見してちょっと調べてみました。
…結果、どうもカット素材品へ回るものが多いみたいです。
言われてみれば脈状産出という事は大型の塊が得易い訳ですから、これは納得。
本鉱を見る限りでは色味も良いですし、クラックは無いものは無いでしょうから。
付け加えるなら、実質塊状でアルゼンチン産のように層にもなっていないので
標本としての見栄え・アピールがし辛い事と、産地的に蛍石より他に出荷するものが
一杯あるからじゃないか…と予想。ついでに意外と値段も良いみたいです。
実際Webでもこの産状の原石、極少数しか見付かりませんでした。
そういえば、アルゼンチンとボリビアで層状蛍石が出るのに、ブラジルでは見ないですね。
堆積型鉱床自体は普通にあると思うのですが…

…層の代わりに方解石がいるのかしらん?(・ω・)

しかし、塊状だっていいと思うんですがねぇ?
この鮮烈な白と紫の対比、素晴らしく美しいと思うのですが。
普通に似た感じのスピネル辺りと勝負出来そう。
その辺、やっぱり「結晶偏重」の風潮があるんですかねー?
ですが、幸いにして私は塊状でも良いものは良いとする人。
発見したのは偶然ですが、お迎えしたのは必然という辺りでしょうか。
光を透かすと蛍石の鮮色が方解石の半透明感で中和されて、それは素晴らしい
柔らかな紫色を映し出してくれるのですヨ。

実はこういう「意外にここでは見ない石」ネタ、幾つか持っていたりします。
有名産地の有名鉱物もいいですが、こういう「図らずもマイナー化」した石、
その実力を認知されないまま片隅にこっそりいるかもしれないと思うのです。
その辺、ちょっと池袋では注意してみようかなーと思います。

あなたのお好きな石も、もしかしたら意外な場所に埋もれているかもしれませんね。


BGM:Robert Johnson「Cross road blues (take 1)」
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/266-632d6b60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。