「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2009/11/24
03:00:22
本日の石日記です。

昨日は諸用にて更新出来ずゴメンナサイ。
今日もちと色々ありまして、間に合うだろーと思っていたのですが、
結局日付が変わっちゃいましたネ。(´ω`;
なので一応この記事は23日分、流石にちょっと眠いので、さっくりといきます。

緑水晶_長野1
好き好き緑色の石。(´∀`)

本邦は長野県、スカルン鉱床地帯の1つ甲武信鉱山より緑水晶です。
実サイズは30x5x5mm程の、2本を軸にしたちびポイント群。
若干ダメージ等ございますが、何とも味わい深い一品です。

長野甲武信は、長野県の埼玉・山梨と隣接した場所にある、国産鉱物
産地としては超有名な場所。産出物も灰重石、ベスブ石、柱石、柘榴石等
多彩で、比較的首都圏から近い事もあってか採集人気もかなりあるようです。
そんなんなので色んな石が流通にも乗っている訳ですが、私が甲武信と
聞いて真っ先に思い出すのはこの緑水晶。
知った時は、「日本でもこんな良い緑が出るんだねぇ…」と、うっとり感心して
しまいました。

この水晶の発色要因は、鉄ヘスティング閃石だそーです。
今一つ聞き慣れない名前ですが、これは緑閃石・透閃石・普通角閃石等が
属する角閃石グループ中のCa角閃石というサブグループに属している
鉱物(どうも亜種or野外名っぽい?)です。
この辺、ただでさえ分類が曖昧ですし、角閃石一族自体どんどん整理されて
中間種が鉱物ではなく野外名扱いにされていっている最中だそうなので、
とりあえずはヘスティング閃石だとさっくり知っておけば問題無さそう。
もっと拘らなければ、要は暗緑色の緑閃石の親戚です。

ところでこの産地、ちょっと面白い事があります。
まず、以前ちらりと書きましたが、世界でも指折りにギリシャ・セリフォスと
よく似た緑水晶を産出するトコロです。
色味のみならず、結晶の形も何となくそっくり。
灰鉄柘榴石もどうやら似ているようなので、鉱床のタイプが近いのでしょう。
そして、実はここ灰鉄輝石の結晶を別途産出するのですが、灰鉄輝石で
緑になった水晶、となると聞いた事がございません。
ダルネゴルスクを始め、世界のスカルン鉱床では灰鉄輝石の方が遥かに
水晶の発色要因としてはメジャーなだけに、何とも不思議なところです。

…まぁ、その辺は後々じっくり考察すると致しまして。
小型ですが、美しさと泥臭さをとてもよいバランスで持っております。
全体に色調が控えめというかダルトーン風なので、侘び・寂びという形容が
これほど似合う水晶も中々無いかもしれません。
そんな「もうちょっと大きかったら茶会の床の間にピッタリ」的な日本様式美を
感じずにはいられない子なのです。

ううっ、相変わらずあっさり終われません。(苦笑
それでは私は布団へ沈没致します。
ぐーてんなはとー。

BGM:Brand X「Isis Mourning Part 1 / Part 2」
スポンサーサイト


次の記事:本日は。
このページのトップへ
前の記事:赤壁。
コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/252-0f432ccc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。