「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
19:58:01
さーて、本日の週末鮮やか石タイムはぁ~?

…えー、予告通りアメシストです。
昨日は一大産地・中米メキシコよりお届け致しましたが、本日は
ぐぐっと産地をユーラシア南部まで移動。
何気にメキシコに似たものを出す、あの国です。
せっかく美しいものを産出するだけに、ちょっとヒトコト言いたいぞ…と
思わざるをえない、こちらで参りましょう。

紫水晶_インド3
ごっつエレスチャリー。

インドはタミル・ナードゥ州よりアメシスト3号です。
1号は内包物皆無の淡色でキレイ系2号は教科書セプター&セントエルモ
中々の業師が続いておりましたが、この3号はもはや何処が接地跡だかも
定かでないほどの徹底したエレスチャル型に、大量の内包物を含有した
ワイルド系な子でございます。
実サイズは20x40x10mm程で相変わらず小さめですが、インパクトは十分。

インドアメシストは殆ど小粒ながら結構な数を持っておりまして、
何気にネタ詰まりの時の救世主だったりする(苦笑)んですが、
いかんせん小粒なだけに画像が中々仕上がらず、欲しい時に無いという
イヤンなアンビバレンツを抱えた集団です。
これが噂のツンデレというヤツですか?こいつめ。( *´Д`)σ)Д`)

この子もぱっと見で良い割には何気無く難しい子でして、見所が全体に
満遍なく、しかも細かいものが散りまくっているために中々「焦点」を
定められず困っておりましたが、割り切って全体像にしてみたら
案外あっさりと写ってくれました。
石愛も場合によっては過剰要素らしいです。( ̄▽ ̄;

とにかく美しい色味に反するかのようなゴツゴツの造型、そして多種大量の
インクルージョンが織り成すモザイク調の世界が殊の外映える子。
アップにするとどれだけ細かい事してるか判るというもので。

紫水晶_インド3アップ
最早成長始点すら定かじゃないです。(苦笑

一体どういう流れで結晶したのか、全然判りません。
複数の結晶群が集まってる気配も濃厚に漂っておりますが、それも不明。
でもいいんです、その辺抜きで美しいですもの。

…ただね。
この子も実はそうだったんですがね?
以前1号の記事で「ちょっと1つツッコミがある」と書いた事なんですけどね。

こういう石…特にインドアメには非常に良く見られるんですが。
何でもかんでも「らしきもの」をスーパーセブンと呼ぶのはご勘弁戴きたい。
私はパワーストーン方面詳しくはありませんけど、それでもアレは曲がりなりにも
一応きちんと産地(ブラジル エスピリト・サント州産、ミナスジェライス州産も
あるとか?)・産状の定義が決まっておりますし、それでパワー有りとするならば
ここは守らなければいけない項目でしょう。

何せこの子だけならまだしも、1・2号もそう書いてあったんですよ。(驚
この子はまだ判らないでもないですけど、そっちは全然違うでしょ…。
極端に例えるなら「針状鉱物入りなら何でもルチル水晶」といって売るのと、
行為としては大して変わりませんよね、これ。
それがパワーストーン系の店でしたらまだ勉強不足で済みます(…か?)が、
標本屋が訳も判らずこういう名称を使用すると、なまじスタンスが「鉱物系」な
だけに本気で混乱の元になりかねませんから、辞めていただきたいです。

折角美しい石なのですから、そーゆー雑念抜きで楽しみたいものです。
皆様もその場のノリで己を偽り、後に憂いを残す事の無い様、
素直で楽しい週末をお過ごしください。

…いやほんと、日本はパワーストーン主導で鉱物趣味が一般に広く認知された
流れの割合が大きいだけに、こういうの根の深い問題なんですよね。
自分で好きなものは「楽しくお勉強」出来ると思うのですが…ねぇ。

私で例えるなら、お酒とかお酒とかお酒とか。
…や、無論他にもありますヨ?

BGM:Jeff Beck「Blast From The East」
スポンサーサイト


コメント
そうでありましたか
スーパーセブンは初期の赤いものはもうないみたいですし、確かにインド産は~風アメシストですよね。パワーストーンに限らずパライバトルマリンだって同じ扱いでしたね。

ほんとにそう言ったほうが売れるでしょ的な、適当な名前付けはやめて欲しいですよね・・・。
というよりお店の人が勉強しないので、買う人が勉強しましょう!って業界がどうにかならないものでしょうか・・・

そういやうちにもありますョ?

スーパーセブン風アメシストとか、スーパー3とか。



AnnfellURL│2009/11/21(Sat)23:40:20│ 編集
Re: そうでありましたか
パライバのよーな発色成分で分けるなら、まだ判るのですが…。
もっとも、殆どピンクのものなどをそう言われても実感無いのも
確かですけど。やはり最低パステルブルーであってほしい。
こじつけ系はキリが無いですね、ホント。

>お店の人が勉強しないので~
ああ、これは本当に。
パワスト系とはいえ店員が誰もルーペ扱えない石屋とかも
知ってますし。(←これは本当にどうなんだ
石業界に限った話でも無いですが、「努力義務」の放棄は
その業界自体を混乱・衰退させてしまうだけに深刻と思います。
私の本業の方でもこう色々…(もにょもにょ

○○風は幾らでもありますね、というか出来ちゃいますね。
ハァ。

"TONGARI"-Take│URL│2009/11/24(Tue)02:07:28│ 編集
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/250-e4b26341
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。