「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
04:53:30
皆様こんばようございます。
朝方更新になってしまいました、うふ。
なので、この記事は28日分相当です。

まだまだ続きますIMAGE2009戦利品大行進。
今回は…これから流石に寝たい(苦笑)ので、ちょいとあっさり目に。

本格的に書こうとするとアレやソレや色々書けちゃう石なんですが、
後で他の機会についで書きしますのでご容赦を。
何せ、あの高レギュラー度鉱物の1種ですからね。
その代わり存在というか鉱物名はちょっとマイナーなんですが…。

アンチゴライト_アリゾナ1
この波打ち具合が気に入りました。

アメリカはアリゾナ州より、造岩鉱物グループの大手・蛇紋岩グループより
和名を「葉蛇紋石」…アンチゴライトです。
いつも英名のカタカナ書きしか見なかったのですが、和名あったんですねぇ。
蛇紋石系だけに肉眼的結晶はしていない繊維状結晶集合体の塊状で、
独特の脂肪光沢もあって玲瓏な光に満ちた青竹色の石。
脈状に含まれる暗色は微細な柘榴石かベスブ石のようなのですが、
流石に小さ過ぎて判りません…金属鉱じゃないとは思いますが。
この手の石は鉱物標本だと大きい事が多い(というか、大型の脈が多くて
わざわざ小さくしない?)のですが、この子は実サイズ35x20x10mm程と
程好いコンパクトさです。助かります。(ノ∀`)

そういえば、私も少し混乱していたのですが。
…以前アトランティザイトの記事を書いた際はまだ混乱していた模様。(汗
この名前が色々ごっちゃになってる蛇紋石グループ。
鉱物種としては、「蛇紋石(Serpentine)」って単体で無いんですね。( ̄x ̄;
言葉ではいまいち判り難いので、チャート的に記載すると、細分化する順に

蛇紋岩(Serpentinite・蛇紋石系鉱物を主体とする岩石)
→蛇紋石グループ(Serpentine Group・鉱物グループ)
→蛇紋石(Serpentine・蛇紋石系鉱物のみで構成される岩石)
→グループ内各鉱物
 ・アンチゴライト(Antigorite、葉蛇紋石)
 ・リザード石(Lizardite)
 ※以下通常「クリソタイル」と一括で扱われる二種
 ・単斜クリソタイル(clinochrysotile)
 ・斜方クリソタイル(orthochrysotile)

…と、なるみたいです。
つまり、蛇紋石(Serpentine)は本来肉眼で個々の判別が不可能な為の
「野外名」「通称」あるいは「流通名」という事になります。
確かに、純粋に1種のみの標本は、繊維状にばらけるクリソタイル系しか
見ませんからねぇ。(それも単斜と斜方が混ざってるって事ですね
お陰で鉱物グループの直下に実質的な岩石名が来るという、ちょっと
鉱物の分類としては特殊な事になってしまっていたみたいです。
そりゃー、1回整理しないと混乱しますわな。( ̄x ̄;

この石はですね。
波打ち具合も気に入ったんですがね。
光にやられたとですよ。

実は、上ではわざと引っ掛かり難いように「青竹色」と書きました(苦笑)が、
実物はもっと緑色が強い…いや、殆ど緑の色味なんです。
蛍光灯や白色LEDでもきちんと緑。
ところが、白熱灯や日光で見てみると、途端に内部から蒼い光が
全体を薄く染めるような勢いで湧き出して来るんです。
流石にカラーチェンジという事は無いと思いますから、恐らく厚みによって
色調に差が出やすい質感の石という事なのでしょう。
ロシア系アマゾナイトとかも、奥に蒼い光仕込んでる事ありますよね。
普段は実物の色をきちんと再現するようにしているのですが、今回ばかりは
その光が気に入ったので日光光源でそのまま仕立ててみました。
こうしてみると、中々味のある色味じゃございませんか。

表面的なものだけでなく、中も見ればより一層美しい。
いやはや、自身もそうありたいものです。

全然あっさり終わりませんでした。 orz

BGM:Ronny Jordan「Mackin」
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/227-82348f7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。