「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
16:09:21
本日も続きますIMAGE2009戦利品。
かつ、週末なので鮮やか石タイムです。

実はその前から3番手のつもりだった(苦笑)のですが、tomokoさんより
リクエスト戴いた事もございますので、本日はこちらです。
…相当気に入ってたのですね。( ̄▽ ̄

重晶石_コロラド1
アクアマリンではありません。

や、よく比較比喩されてるんでつい。
と言う訳で、本日は米コロラド州より、青灰色の重晶石です。
今回はちゃんと捕獲できたんですよ、重晶石。(・∀・)♪
重晶石は本ブログでも以前1度ペルー産を出しておりまして、あっちは重晶石と
しては日常的な蜂蜜色だったのですが、これは色とりどりな中でも特に
非日常的な色合いに属する青灰色。
ペールブルーともいえそうな風合いがあるんですけど、決して薄くは
ないんですよね。ただ翳ってるというか、やっぱり1歩退いた感じ。
尚、実サイズは45x15x8mm程で、堀博士のお店で捕獲。
例の割引コーナーではなかったので、確か¥2000強だったはずです。

この米産青重晶石は大分前に見付けてはいたのですけど、殆どWebでしか
見掛けなかった上にどれも中々お高くて手が出せずにおりました。
産地自体は米国内でも数箇所あるみたいですが、どれも均一にお高い。(汗
が、念願適ってこの度コロラド産を見事捕獲です。
それも、某「ツインズ」を彷彿とさせるよーな低め透明&のっぽの半透明の
実にプリチーな連晶モノで。やったぁ。ヽ(´▽`*)ノ

これがあのレントゲン時の宿敵と同じモノとは思えません。(笑

さて、この青の発色要因なのですが…困った事に良く判りません。
データが無いんですよー。(汗
ただ、「空想の宝石結晶博物館」様にバリウムの一部をストロンチウムで
置換し、その際に含有される微量のラジウムの放射線によるものと
考えられていると記述がございます。
確かにコロラドからは、マダガスカルのような青色ではなく無色が多いものの
重晶石と同グループでストロンチウム置換体(個溶体有り)の天青石の産出が
確認されておりますし、煙水晶が有名…つまり天然放射線が豊富なはずでも
ありますので、これは十分ありうる説だと思います。
また、産地としては遠く離れておりますが、イギリスで産出する層状重晶石の
中には含ストロンチウムでもっと薄いですが青灰色のものがございますしね。
ひょっとしてこのタイプに重晶石にしては縦長がやけに多いのは、
ストロンチウムの混入で天青石的な晶癖が少し出てるからなのでしょうか?

というか、本当に水晶&極一部の鉱物以外のこういうデータは中々無く、
結果的に推測にしかならなくて困ってしまいますね。( ̄x ̄;

で。
本品はハマり中の重晶石…というのもそうですが、実際には「先鋒エルバイト」
余り変わらない「色味買い」の要素が強かった石です。
ただあちらと違うのは、先鋒は純粋に色味だったのに対し、こちらは
色味7割の他にこのカワイイ造型があったのも理由でして。
もっと透明なものもありましたが、むしろこの半透明との対比が気に入りまして。
更に言えば、重晶石独特のこのX字クラックの入り具合も気に入りまして。
お迎えしたという訳ですヨ。

色も、造型も、内部の様子も、そしてその佇まいも。
全てにおいて実にクール、かつ微かな愛嬌を感じる子です。

皆様も今週末、クールかつ大さじ一杯のお茶目をもって楽しくお過ごし下さい。

BGM:Metallica「Until It Sleeps」
スポンサーサイト


コメント
でましたーっうーむ、見れば見るほど
「おおおおお父さんっお嬢さんを僕にくださいっっ!」
と、土下座したくなって参ります。てか、なんであの後もう一度寄ってこなかったのかと!
バカだー。ほんとバカだと後悔中。

例の白いアレは先日飲んできましたけど「ああこんな姿になって可哀想に」なんて嘆きつつ飲んでいるヤツもいないだろう。

・・・・。

毎度なにも知的コメントできなくてすみません;
(実は結構じわじわと凹んでいる)

tomoko│URL│2009/10/23(Fri)19:59:49│ 編集
おみごと☆
一度実物を見たとはいえ、このバライトは本当に綺麗なアクアマリンですよね~。そのようにいわれる理由がよくわかるお見事な結晶。
うちの板薄すぎだよ・・・

今日は緑のライトセーバーアップしておきます(笑)

AnnfellURL│2009/10/23(Fri)21:40:47│ 編集
Re: タイトルなし
いやほんと、あれだけ気に入ってらっしゃったので、てっきり
あの後お迎えなさったかと思っていました。意外。
でも…根拠の無い予感ですが、まだあそこ持ってるような
気が致します。
店舗か12月池袋でチェックなさってみては?

"TONGARI"-Take│URL│2009/10/24(Sat)17:31:02│ 編集
Re: おみごと☆
やはり小さいものだけに、アップにすると迫力が違いますね。
実物では逆にルーペでも見れない(ピント幅が狭すぎる)世界ですし。
青は薄いと飛びやすいですしね…。
ただ、青といってもアクアマリンのように鮮やかな感じではないですし、
重晶石としては薄い方がスタンダードな気もしなくはありません。
似てますけどね。

光剣拝見しました。
トルマリンじゃないんですね。(笑
そしてちゃんとネタを書きましょうよー。(・∀・)

"TONGARI"-Take│URL│2009/10/24(Sat)17:35:13│ 編集
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/222-1c10f71d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。