「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
21:11:13
はてさて、本日の石日記です。

今日は画像ストックを見ていて、改めて意外なほど持ってるな…と、
自分の想像以上に増殖傾向にあるこの子で。
実際、IMAGE2009でも幾つか捕まえちゃいましたしね…。

アクアマリン_ブラジル4
これは「戦利品」じゃないですけど。

密かに水晶以外の登場回数でかなり上位に食い込んでいる気がしない
でもない、ブラジル ミナスジェライス州産ベリル(アクアマリン)4号です。
実際、アクアマリンはベリル一族の中でも比較的数が多く、宝石質とサイズを
求めさえしなければお手頃なものも沢山あるため増え易い石です。
にしても、ちょっと増えまくっておりますが。(苦笑
これも今まで登場した3つと同じ無選別品出身でして、一番緑っぽいもの。
実サイズもやはり30x4x3mm程のサムネイルサイズです。
2本の結晶が母岩の段差に合わせてズレた連晶をしており、トップ・エンド共に
接触跡になっています。また、表面には軽くエッチングも。

勿論この緑がかった青は3号「まりもりん」とは違い完全な自色です。
…って、ぎゃあ、雷で回線オチした~!(涙

~不貞腐れ中~

~回線復活~
あ、やっと直りました。
ちくしょー、何か書くリズム狂わされちゃったぞう。(´・ω・`)

…気を取り直しまして。
アクアマリンは一般イメージとしては「青」でして、事実色として
最高級のものは「サンタマリア」と呼ばれる鮮やかなマリンブルー。
他にも殆ど肉眼で見えないような極淡青色やグレーがかったもの、
ヘリオドールとの中間のような感じで黄色味を帯びているもの、
またはこの子のように緑がかったもの等があります。
その点ではブラジル産はパキスタン・ナミビア等他産地に比べると
平均して青が弱めなものが多いのですが、いざ「サンタマリア」が
産出すると一番美しいのもブラジル産だとか。
その名の元になった「サンタマリア鉱山」もブラジルにあります。
まぁ…現物では見た事ございませんが。
ちなみにカット石の大部分は熱処理で青を出しているそうなのでご注意。

それぞれの色味の要因に付いては諸説あるようですが、1結晶中の
状況としてまず極淡青色は単にアクアマリン色を出す鉄分の含有が少ない際、
黄色味は結晶中でアクアマリンの発色要素であるFe2に対し、
ヘリオドールの同じくFe3の割合が多い場合が多いとされているようです。
緑は…これは産地・産状等によって諸説あるようでちょっとはっきりしませんが、
エメラルドの発色要因であるクロムや同グリーンベリルのバナジウム、その他
天然放射線説等があるようです。
緑っぽいアクアマリンは、少なくともブラジル産ではかなり良く見ますので、
そんなに珍しくない要因が一番大きいとは思うのですが…。

…ブラジルのやる事だしなぁ。(苦笑

昨日のダンブリ石2号もそうですが、やはりこの子も不完全ながら光に映える
タイプの、副次的風景要素の強い子です。
本来緑がかった色合いはアクアマリンとしての評価を大幅に下げるので、
ダンブリ石2号のように必ずしも結晶自体の質がいい訳でも無いのですけど、
これはこれで味がありますから結構気に入っていたりするのです。
…といいますか、自分が好きなら質なんて、ねぇ?( ̄▽ ̄

何となく雨に塗れた柳のような、はたまた木々に映える渓流のような、
そんな「淡水・流水系」な雰囲気のアクアマリンです。
書いてて春~初夏に出せばよかったとか思っちゃいましたが、
今更もう遅いですね。(苦笑
まぁ、秋も雨の季節ですから、合わない事も無いと思いますが。

…で、ずーっとこれが頭のスミで「何かに似てるな…」と引っ掛かって
いたのですが、先程思い出しました。

こいつだー!( ̄▽ ̄;

書き分け出来てないマンガのキャラクターを見る気分。(笑
水晶か柘榴石辺りとタッグでやってくれないかなぁ。

BGM:現在珍しく無音です
スポンサーサイト


コメント
おはようございます

ベリル系は「ヘン」よりもまずスタンダード~ややグレードの高い良い標本を一つ欲しくなります。
でもそれって、本来の自分のスタンスとは違うのですけど、それだけ逆にそこがベリルの魅力なのかも。
「体操は美しくなければ」と体操日本復活を遂げたトミィの功績を思うのでした(どういう脱線)

>書き分け出来てないマンガのキャラクターを見る気分。(笑

うぷぷ。予定通り食いつきます。
ええもう、若いタレント同様、見分けが大変です。
割と読む漫画のテリトリーも狭くはないと思いますが「異形バトル系」はもういい加減にしていただきたいよ、某J誌。アーンド萌え系。「けいおん!」もドラムの子以外未だよくわかりません(-_-;)
音楽漫画は森脇ますみ(字、わすれました)と上條敦士から抜けてないあたり、昭和ですなぁ;
DMCは子供と映画見ましたけど素直に面白かったです(漫画はちょっと読ませられませんケド)


tomoko│URL│2009/10/15(Thu)07:37:56│ 編集
Re: タイトルなし
いや、確かにその通り。
ベリルは石の中では美結晶であるほど本質が出やすいタイプに
属すると思います。ただ、中々届かないんですよね。 orz
ただ、持っているべきなのか知っているだけでいいのか、その辺は
割と個人次第な気が致します。
私は「欲しいけど届かない」派なので、持っていたい人だと思うのですが。

そういえば、新宿であの後「でかベリル」を1個捕獲したんですのよ、うふ。
まー、小型品派なる私なりの「でか」ではございますがね。

某J誌はCHでK宝vsR戦が終わった時から見てませんねえ。(古
というか、TV(つまりアニメも)全く、雑誌も殆ど見ない人だったりします。
その代わりマンガは「勘」だけで買っておりまして、実は「けいおん!」は
原作側を読んでいたり。マンガはそこそこ分かれて見えてましたが、
アニメだとそんなに混ざってますか?

TO-Yは某吉○の当て馬キャラっぷりがツボでした。(これも古

"TONGARI"-Take│URL│2009/10/15(Thu)20:57:50│ 編集
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/213-a6c2ec38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。