「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
23:13:19
夏が過ぎまして、秋。
祭り自体はそこらじゅうで行われますが、夏場のように
浴衣等の和服を街中で見る機会は減ってしまいますね。

ちゃんと着こなすと他の和服もいいもの(←和服好きなヒト)なんですが、
いかんせん田舎ならまだしも街中の住宅事情では保管も手入れも
酷く大変なので、着たくても着れない方も多そうです。
かくいう私も浴衣と作務衣以外はそれで敬遠気味…。(´・ω・`)

なので、気分だけでも。
渋い組み合わせで小粋にキメたこの子が本日の石写真です。

水晶&硫砒鉄鉱_中国1
国産じゃないのがちょっと残念。

中国最大の鉱物産地・湖南省より、水晶上の硫砒鉄鉱です。
実サイズは40x25x25mmほど、ちょっとカテドラリーな構造のメイン結晶の
横に付随水晶が付き、そこで典型的な菱形連続結晶の硫砒鉄鉱を小脇に
抱えたような、ちょっと洒落た一品。
硫砒鉄鉱に更に乗っているのは水晶の小結晶群でして、一部が
ファーデンくさいのですが、「糸」が見切れずちょっと確定出来ません。

日本の石好きさんに取っては、硫砒鉄鉱は有名な石。
かつては市ノ川鉱山の輝安鉱と並び、尾平の硫砒鉄鉱は日本を
代表する鉱物標本だったそうです。が、これまた現在は閉山しており、
今の主な供給元はペルー・メキシコ・中国辺りがメインになっています。
いかにもな金属光沢ときっぱりした結晶形が中々愛らしく、普及率も
結構高めで入手性も良い、楽しみ甲斐のある石ですが、
本鉱自体に毒性は無いとはいえそこはやはり砒素と硫黄。
熱した時に出る蒸気は毒物ですし、周囲に亜砒華のような
毒性鉱物が付随していないとも限りませんので、取り扱いにはご注意。
一応触ったらよく手を洗うくらいはするべきでしょうね。

中国の金属鉱タッグ水晶というものは中々に器用な特徴があるように思います。
というのも、前提として偶然なのは当たり前なのですが、複数見ていると
どうも一緒に居る金属鉱に合わせて水晶が自分の照りや透明度を
調節しているように感じてしまうのです。
この石も、水晶単体としては色は殆ど変えず、照りと透明度がやや低めなの
ですが、硫砒鉄鉱と合わせて見ると何故か丁度良い感じ。
他に所持している石もそんな傾向がありますので、ちょっと面白いなぁ、と。
多分、鉱液の含有物質による差ではあるんでしょうけど、ペルーや東欧の
同様のものには余りそういう気配を感じないので、やっぱり特徴かな?と。

そのおかげもあってか、中々にキマっていらっしゃいます。
抑えられた光輝の中に、風呂敷包みを持ったよーな、はたまたお膳を
抱えたよーな、そんなしゃなりとしたスタイルもあって、実に和服っぽい。
これが有色水晶や非金属鉱だと多分こうはいかなかったんでしょうねぇ。
ことごとく巧く、この一品の中にはまってくれたもので。

うーん、やっぱ和服いいです和服。
6畳間で保管する巧い方法は無いものですかねぇ…。

保管より洗濯・乾燥が大変なんですけどネ。(´・ω・`)

BGM:Stevie Ray Vaughan「Texas Flood (Live)」
スポンサーサイト


コメント
あ゛あ゛~避けていたことを思い出してしまった。
はい、和服の手入れです;
着るつもりでいたある冬に予定外で着られず、卒入学にもつい横着して出さず・・・。
高級品では無いにしろこの秋にはちゃんと干しますわ。
時折石の模様で「ああ、これ帯にしたらいいのに」なんてのがありますね。フローライトの結晶モチーフあたりでも綺麗かもです。羽織紐に添えたい和風柄ビーズなんかもありますし。
アンティークは、体型が縦長なのでまずサイズがありません。銘仙などよろしいのですけどねぇ。
最近は大手のリサイクルショップなどが比較的お安い価格でお手入れもしてくれますよ。
紬・・・石我慢して一枚くらい・・・うーん・・・。

で。ええっ!ここで無知がまた爆発です。そうか硫砒鉄鉱はにぎにぎなでなでして喜んではいけないのですね;気をつけます。

なぜか、伊右衛門のCMを思い出しました。

tomoko│URL│2009/09/23(Wed)10:14:49│ 編集
Re: タイトルなし
うーん、置いておくだけで場所取りますからねぇ。>和服
折り目付いちゃうとすっごく間抜けですし。
うちはこの夏、浴衣の帯にターバンを連結して使ってました…。(笑

硫砒鉄鉱自体は思い切り熱さない限り大丈夫なんですけどね。
一応、僅かとはいえ風化も致しますし注意に越した事はございませんので。
思い切り毒物な鉱物は誰でも警戒しますけど、本体に明確な毒性が無い方は
付随鉱物の可能性とか知られていなかったりしますね。
この辺、いくつか危ないよなーって思うものあります。
今や何がビーズやエッグにされるか、判ったもんじゃないですし。(苦笑

"TONGARI"-Take│URL│2009/09/23(Wed)23:46:26│ 編集
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/187-8126a6a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。