「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
19:48:21
さてさて、本日も土曜なので週末鮮やか石タイムその2です。

…の前に、以前書いたカナダ産ユージアル石なのですが。
「…は、閃長岩ペグマタイトからも産出すると言う事は、
もしかして水晶との共産可能な可能性も?」
…って、閃長岩ペグマタイトはアルカリ低珪酸性岩なので
SiO2一族は基本出ませんね。(汗
何で間違えたのか自分でも謎なんですが、多分閃緑系花崗岩辺りと
勘違いしたんだと思います。( ̄ω ̄;
完全に私の誤記でした、大変失礼致しました…。

気を取り直して、今週はペルー出身者に頑張って戴きましょう。
その2は、どうも最近名前と色が食い違って来ている気がするコレです。

オパール_ペルー1
これはかなり良い色のもののはずです。

ペルー ナスカ産の、いわゆる「アンデスオパール」です。
この系統は全てコモン(遊色無し)で大きく分けてこのブルーとピンク
(ピンクは別の石であるパルゴルスキー石が絡んでいるらしいのですが)が
ありまして、本日はご覧の通り青い方、実サイズは辺30mmほどのラフカットです。

この青アンデス、確かに元々青緑色の気はあったのですが、最近とみに
「どう見ても緑色」なものばかりな気が致します。
それはそれで美しいのですが、「ブルーアンデスオパール」として売っているのを
見てしまうと「うーん?」と。別にグリーンオパールでもいいと思うんですが。
発色要因は銅らしいのですが、ひょっとしてトルコ石のように鉄が混じると
緑が強くになったりするんでしょうか?
金属系鉱物がめっさ豊富なペルーだけに、幾らでも推測出来てしまいます。
また、どうもここのオパールは本来大敵である乾燥に例外的に強いのか、
一冬無水保存しても全然変わりません。
というか、湿気に弱い物が多い私の部屋は居る限り常時エアコンで
湿度をある程度低くしているのですが、常に他のコモンオパールは危険っぽくて
プレシャス系と一緒に水に叩き込んである中、アンデスだけは平然としています。
質感を見るに遊水が無いほど乾いた感じではないですし、メキシコカンテラの
ように無水保存用に樹脂処理されている感じも致しません。
何でこんなに強いのか、本気で謎です。

ふわりとした質感の、ちょっと白と緑が混ざった青。
ラフカットの貝殻状断口故の「水面&かちわり氷感」。
そしてオパール独特の「水っ気」を感じる気配。
これは…あれです、カクテル「チャイナブルー」にそっくり。
中国産の石じゃないですけどね。

最近、この美しい青を見る機会が少なくなりました。
そして夏が去り、青系のカクテルを見る機会も減っていくでしょう。
そんなちょっとセンチメンタルな石なのかもです。
皆様が最後の夏の残り香を楽しめる週末になりますよう願っております。

まぁ…私は甘いお酒が苦手なので、相変わらず年間通してのビール・
バーボン・アブサンの三択だと思いますが。(苦笑

BGM:Yngwie J. Malmsteen「Enemy」

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/177-eb909284
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。