「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
16:17:48
お待たせ致しました、本日は金曜に付き週末鮮やか石タイムです。

実はちょっと画像ストックが尽きかけて来ていまして(苦笑)、
思い切り鮮やかなのが余り無いんですが。
だもので新しい画像を撮影しないといかんのですが、まだ河原石を
削っているので工房を重切削モードから移行出来ません。
来週中には削り切らないと、本気で無くなるなぁ。(汗

ともかく、今週の楽しい週末祈願石その1はこちらっ♪

水晶&蛍石_ペルー1
何か偉そう。(笑

ペルーはアンカシュ産の水晶&蛍石です。
実サイズは大体40x35x40mmといったところで、よーっく見ると昨日の
ルーマニアキャンドラル(造語)似のスタイルの半濁した水晶に、わさーっと
上に向かって広がるようなこれまた半濁の無色~淡水色~淡緑色の
ゾーニングと言うよりグラデーションと言った方が正しいと思える感じのする
骸晶状態の蛍石が集っています。

水晶&蛍石_ペルー1蛍石部分
蛍石あっぷ。

尚、蛍石の骸晶は基本的には水晶のソレのように「稜線が出っ張る」のではなく、
わしゃっと細かい結晶が大量に集るスタイルになるそうです。
そこを更に超えて結晶が早いと、稜線が出始めるとか。
方鉛鉱や黄鉄鉱と同じ感じですかね。
なので、この辺の蛍石も、実はその気があるものらしいです。
ちなみにこの蛍石は紫外線長波で青紫色に蛍光致します。
私、何故か「説明されていない」蛍光鉱物捕まえる率が高いんです。(苦笑
勿論「紫外線認識視覚」スキルなんて持つ程ニンゲン捨ててませんよ?

そういえば、ペルーとルーマニアって以前にもちょいと書いた通り産出鉱物や
その結晶スタイルがよく似通っている
のですが、ルーマニアの蛍石って
余り見ない気が致します。あるんでしょーか?
気付けばルーマニアはタングステン酸塩系も余り見ませんね。
(例:鉄重石など

ペルーで水晶と蛍石のタッグ…と言うと、むしろルーマニアより中国の
湖南省辺りから出るころりとした小さな丸っこい蛍石が付いたものと
よく似たスタイルが多いのですが、これはどっかりと担ぐような感じで
完全に「乗って」います。激しい結晶面の水晶と蛍石が縺れ合い、
上記のソレと比べると随分ワイルドというかスタイリッシュというか。
煽り気味に撮ると、錐面と蛍石の良いコンビネーションもあって中々の風格です。

でも、実はそんなカッコイイもんじゃないんですよー。
お迎えした理由、ホントは全然違うスタイルに見えたからなんです。
余りにも「そう見えて」しまったので、ついノリで手近にあった河原石の
破断片に乗っけて、画像作っちゃったんですけど。

水晶&蛍石_ペルー1植え
何処からどう見ても大根。(・∀・)

この方向で画像が出ていたもので、思わずとっ捕まえたという。
もう、最初の画像がある意味台無しですね。(苦笑

最初の画像と大根画像は、位置的にリバーシブルな関係にあります。
ひょいっと裏を返すとまるで何処かの民芸品の如く違うモノに。
折りしも週末、楽しい語らいの機会も多い時です。
皆様、程好く「シリアス」「コミカル」の2サイドを巧く使い分けて、
私含め楽しい週末に致しましょ~。


…ふふ、何とか話が繋がりましたヨ。(´ω`;

BGM:Aaron Copeland; London Symphony Orchestra
    「Copland: Dance Symphony - 3. Allegro Vivo」
スポンサーサイト


コメント
リンクお礼
こんばんは
リンクありがとうございました。
早速本日はソーダライトをアップしてみました。宜しかったら是非見にいらしてくださいませ。

個性的なフローライトですね。こんなアクアマリンのブッカキ(溶け系?)を持っています。

工房経営されているのですか~羨ましい。
職人系いいですよね。やりたかった。裁縫はダメダメですが、工作大工系は大好きですよー
ブロクソンよりミニターが欲しい。会社でこっそり取引先に見積もりを取ったら4万以上;うーん。手がでない。
工具売り場なら何時間でも居られます(^-^)

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

tomoko│URL│2009/09/11(Fri)18:50:49│ 編集
Re: リンクお礼
こちらこそです。>リンク
ソーダライト、拝見しましたよ…やはりいいですよねぇ、あの青。
強光でないと透明感が出ないので、表面のモザイク感とは画像上&
装飾品として両立し辛いのは、確かに難点ではありますが。

アクアマリンでこんな感じは多分エッチングではないでしょうか?
一応大型結晶のラフカットとエッチング複数個持っておりますが、
どっちかというとエッチングの方に雰囲気は近いと思います。
ペルーの蛍石は中々面白いの多いですね。

工房はまだ準備段階に付き「営業」はしておりませんが、作業はしております。
早いとこ何とかせにゃ。(苦笑
やろうと思えば、ワンルーム6畳でも岩割りとか出来るもんですね。

ルーターはドレメルをオススメします。(2本使用しています
昔は高かったようですが、今はプロクソンの中級機種くらいで買えます。
アタッチメントも豊富ですし、修理も可、加えて稼働時間30分は有難いです。
コードレスもありますので、用途に応じて。
http://www.toyoas.jp/products/brand/dremel/index.html

女性にはちと重いかもしれませんが、バランスがいいのですぐ慣れるかと。

こちらこそ、今後もいじり倒してやってくださいませ。

"TONGARI"-Take│URL│2009/09/12(Sat)07:42:43│ 編集
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/176-1bd4004e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。