「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2009/09/08
08:46:29
むー、おはようございます。(-_ゞ)
本日はちと予定アリなのでこんな朝早くの更新です。

無茶苦茶眠いのに「すっきりお目覚め」な色味でどうすんねんとか
自分でツッコミを入れたい気分なんですが、目に留ってしまったもので。
(↑完徹でこれから寝るヒト…

方ソーダ石_ブラジル1
鉱物標本よりパワストやアクセ方面の方が多いですかね?

ブラジル産の方ソーダ石、英名の方が遥かに通り良く「ソーダライト」。
「ソーダ」はこの場合科学的な名称の方なので、お馴染みの炭酸水では
なく、Naを基調とした化合物である苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)や
炭酸ナトリウムの方の「ソーダ」です。

書いてて「方」と「ソーダ」がどれを指すか、確認しないと間違えそう。(汗

国名以上の産地不明で、お世話になっている石屋さんその2出身。
これもめっさ結晶しにくい鉱物でして、通常よく見る本画像のようなものは
塊状で、濃紺(ほぼ不透明)~淡青が方ソーダ石本体、白い部分は
資料によれば方解石…らしいです、流石に脈が小さ過ぎて、ルーペでも
結晶が良く見えませんが。
ちなみに自形はカナダのみ産出と聞きましたが、裏付けどこでしょ?
実サイズは35x30x25mm程で、もちろんラフカット品です。

この石を主幹とした「方ソーダ石グループ」は、実は主幹の本鉱以外の
方が評価が高いというちょっと気の毒な特徴がありまして、やたらお手軽な
本鉱に対し、メンバーは藍方石(Haüyne)・青金石(Lazurite)、そして派手には
そうそうならないものの、希産鉱物人気がある黝方石(Nosean)と層々たる
顔触れが揃っておりまして、ボスが一番地味です。(´・ω・`)
ちなみにグループに青金石を含む通り、この4種鉱はラピスラズリ
青い部分を生成する主体鉱物群となります。

た・だ・し。
たまーに鉱物名とグループ名を混同しているのか、方ソーダ石に
「ラピスラズリの主成分です」と説明されている事がありますが、
これは完全に誤りです。一番多いのは青金石で、他が補填に入る
形になりますので方ソーダ石が「主成分」とは言えません。
ここでもボスの面目潰れ気味です。(´・ω・`)
あげくには色味が似ているのでラピスラズリのイミテーションとして
使用されていたりする事も…。 orz

しかし、産出量と亜種の多さ、そしてお手軽に楽しめるという意味では
ボス最強。自形結晶タイプはともかく、塊状は何たっても安いです。
…が、亜種も自身で蛍光性を持つ変種に加え、紫外線で遊べまくる
ハックマン石(Hackmanite)、ツグツバイト(タグツバイトとも:Tugtupite)等の
超個性派を持っております。でも、これまた亜種という事が鉱物系の
方々以外に殆ど知られていなかったりして、ボス大泣き。

何か色々書くと、その美しさの割に随分不遇な石なのですね。
そりゃあブルーにもなろうというもので。(←無関係

でも、どうでしょう?
これは石始めてすぐ不思議に思ったのですけど、この青と質感って
フツーに他に無い存在感と美しさを兼ね揃えていると思うのですが。
少なくとも、私は(産出量が膨大とはいえ)もっと評価されていい石だと。
いやむしろ↑の同グループ鉱や亜種が無茶な価格な事が多い中、
特に加工品や模造品の無いこの石は、最も安心して手軽に楽しめる
「美しい青」だと思うのですが。

塊状なので風景はほぼ=で色味の差し具合。
そこをひたすらクローズアップで迫ってみた訳ですが、巧くいってますかね?
この色味と色彩のコントラスト、中々得がたいスタイルと思うのですが。

BGM:Jeff Beck「Freeway Jam」
スポンサーサイト


コメント
子分のアウイン
リンクありがとうございました。
遅ればせながら、私もリンクさせて頂きました。

まだまだ勉強始めたばかりなので、読んでいて非常に楽しいです。
そう、アウインは方ソーダ石グループでしたね。
グループ付けなおしておきますv-229





AnnfellURL│2009/09/08(Tue)20:46:51│ 編集
Re: 子分のアウイン
おお、ありがとうございます。>リンク
私もまだ暦1年未満なシロウトですので、判らない事だらけです。
共にお勉強していきませう。(*´▽`)ノ

藍方石お持ちですか、良いですね~。
アレは色だけなら美しいのですが、母岩込みだとなかなか良い景色
(粒の位置関係)のものが見当たらず、あってもやたらお高かったりですし、
分離結晶も今一つヒットが…なので、まだ未入手です。
方ソーダ石も滅多に見ないものの結晶だと、確かに仲間と似てるんですよね。

"TONGARI"-Take│URL│2009/09/09(Wed)18:40:31│ 編集
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/173-f1c82638
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。