「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
22:30:43
ふー。
流石に静養モード続きだった身には疲れが堪えましたワァ。

という訳で、参戦して来ましたミネラルザワールド。

レポと言うか爆睡こいたせいで完全に終了後の感想記事に
なっちゃいます(苦笑)が、さくっと雑感纏めて参りましょうか。
あ、普通の石日記はまた明日から再開です、横浜前の急ぎの
バタバタは大体片付いたので、頻度上げられるはず。

では長めになりますので、折り畳みへ。

私は中日2日目参戦、個人的に最も普通の参戦スケジュールですね。
当日は少し余裕を見て早めに着いておくつもり…だったのですが、
少々夜型化していたせいもあって見事寝過ごしまして。(汗
結局会場に着いたのは開場1時間弱経過してからでした。
前の池袋の時は小田急で特急が使えるのでそんなに変わった気は
しなかったのですが、御殿場線→東海道線と通常列車を乗り継ぐ事に
なって来ると、以前の町田からかなり遠くなった実感が。
…まぁ、横浜線が便利とはお世辞にも言えませんでしたけどね。(苦笑

今回の特徴の1つは人出でしょうか。
何と言うかこう、多いのか少ないのかどうも判断に困るというか、
どっち付かずの印象しかなくて明確に言えない感があったんですよ。
ただこれは今考えると、場所ごとに密度の差が激しかったせいかも。
あと某店の店主様が呟いていた事で私は気付かなかったのですけど、
どうも女性比率が高かったみたいです。
尤も、これも店主様も私も理由は判りませんけども。

出物に関しては皆さんの仰る通りですかねー。
確かにツーソン後最初のショーにしては、その気配は薄目。
ただこれは思うのですが、業者の皆様も仰っていた通り今回のツーソンに
明確な目玉となるような品が少なかったせいだと思います。
実は探せば結構あるのですけども、「この品」というものが無いので
各店舗の印象がバラけてしまい、結果全体の印象が薄かったのではと。
私自身特に拘らない身でもツーソン品だというものを2点捕まえておりますし、
決してボヤくほど無い訳じゃないと思うんですけどね。
それとも、そう感じたのは私だけかなぁ。

でも、それもあって今回面白味として挙げられる点が一つ。
ツーソンに明確な共通言語が無かったが為に、各店舗さんの趣味趣向と言うか
センスのベクトルと言うか、そういった部分がハッキリしていた感が。
悪く解釈すると目玉商品という共通言語はあるだけで他の品の存在感を食い、
結果個性を薄くさせる作用があると思いますから、あえてそこを「残念」と
思わず見れば自分に合った方向性の店舗を探るにはむしろ好都合だったかも。
今回私的には某店さんが今まで思っていた以上にセンスが自分のベクトルと
合致しつつハイセンスな感があって内心驚いたりしていましたしね。
まぁ、そこは数お迎えには少々無理があるのが残念ですけど。( ̄▽ ̄;
赤貧コレクターだから、仕方ないね。

あ、後その流れに関係して。
これもあくまで私感ですけど、今回実は1度もカゴ掘りをしておりません。
と言うのも、実力あるショップさんが意図的なのか割とリーズナブルに
良いモノをお持ち下さっている気配が普段より遥かに強く、またツーソン品で
明確な方向性が無い為にか在庫品でも探すと面白味のあるものが見付かったりで、
カゴを掘っている暇もそこにかける予算の残りも無かったのですよ。
普段だったらカゴを優先するのですが、今回特に考えず自然にそうなりましたんで
個人的には実力あるショップさんの「ちょっと本気出す」度が何時もよりかなり
高かったような気が致しました。
これもツーソンという看板に頼る部分が少なかったせいでしょうか。
特に某Hさんは今回激しかったですねぇ、あんな価格帯分布比率は初めて見ました。
それでも手抜きが感じられないのは、流石としか言い様がございません。
カゴに関しては実は1箇所だけ掘りたかったんですがね、時間&予算切れで。
でも、カゴそのものの魅力度は上記理由で個人的には相対的に低かったです。

そんなこんなで、今回の戦利品一同。

13横浜春戦果
相変らずの微妙に見え辛いネタバレ防止式。

戴き物1点(感謝)を含んでおります。
ここ最近としてはやや大きめなものが目立つかもしれませんが、それでも
サイズボーダーは最大で辺70mm程なので超過ゼロ。
平均すれば30~40mm辺りに収まるでしょう。
但し今回価格に関しては、私にしては結構高めに纏まっております。
普段だと平均が大体1200~1500円程度に収まるのですが、実は今回大幅に
ここがアップしていて約2700円。
原因は単純で、3000円/品ボーダーを越えても許容出来る品が多く発見されたから。
…と言うよりは、明確に「安い」と言える3桁が皆無、1000円台でも少数のみしか
お迎えしていないからですかね。
この点は上記の実力あるショップさんが「ちょっと本気出した」影響でしょう。
無論、だからと言って個人的にその価格が品に対してどうか、と言われれば
安価だと思えるから、或いは許せる理由があるからお迎えした訳で、1日経った
今でも決して「失敗した」と思うようなものは一切存在しておりません。
予算内にはちゃんと収まっておりますし、どれも納得の子ですから。
むしろ今回あくまで何時も通りの盆栽度最優先探索でありつつも鉱物種・産地の
何れかが既所持品と被っているものが殆ど無いという結果オーライな要素も
あったり致しますので、これはこれで巧い買い物だったなと思っています。
まぁ、その関係上何時もより遥かに特定店舗さんからのお迎えが多いですが、
これは自然な結果と言えるでしょうね。

ともあれ。
今回も参戦者様方、店舗様方、スタッフ様方、本当にお疲れ様でした。
そして、それ以上にありがとうございました。
お陰でここ最近煩悶としていた身が思い切りリフレッシュできましたよ。(笑
また来年も無事に楽しめる事を願って、筆を置かせて頂きます。

※余談
某女史様より、何と一眼レフ(PENTAX・K-100D)とレンズ3本という驚きの
プレゼントを戴いてしまいました。
いやはや、大感謝です、土下寝通り越して土下倒立するくらいで。
写真撮っているとはいえ専門部分はまるで素人なので、良い教材として、
そして私は石写真はコンパクトで行く事を決めておりますからそちらには
使いませんけども、風景植物動物等、他の自然を写す時の新兵装として
存分に使い倒させて戴きます。
この場で改めて、ありがとうございました。


BGM:Gong「The Octave Doctors And The Crystal Machine」


スポンサーサイト


コメント
石好きの正月があけましたな~
何気に12月より楽しい一日だった気が。
あまりにも広い池袋より、気合入れて各ショップ見られるからかも??

ほほう~集合写真を見る限りBさん祭りになっているようで。安心安全の品揃えですよね。
思えばBさんでも一つ心残りがありました;

あの白い花のようなの、お持ち帰りになったのですねー。
あのショップも何気に穴場的。
実はkanaさん毎度御用達なんだそうです。

ツーソンが目立たない分あれこれ。
確かにそうですね。それを目玉にすればやりやすいけれどそうでないから独自性がないといけない。
こだわりのあるショップさんはいつもに比べて一層その特色が出ていたのかもしれません。

ガテン系が少ないわけ。
だってみんなのブログみたいな綺麗なの、私も欲しかったんだもーん(T_T)>子供かっ!

里帰り品、ありがとうございました<(_ _)>
嫁に出した甲斐がありましたぜ。

tomoko│URL│2013/03/24(Sun)23:54:39│ 編集
Re: タイトルなし
ですね、実際お店の方に「あけましておめでとうございます」って
言ってました、私。
笑われましたが。(笑

当日はお疲れ様でした。
何だかんだで池袋の時は量に圧倒される一面ございますからね。
小規模故に落ち着けるのは地味なメリットなのでしょう。
Bさんは特に意識した訳ではないのですけど、多かったですね。
しかも2個セットがあるもんだから、実質数では更に。
でも、面白いモノなので満足です。
中国系のあそこは確かに良かった、何故今まで目に留まらなかったのか。
あの花みたいなのは…ねぇ、私向け過ぎますから。(苦笑

ともあれ、今回はここ最近不況云々で閑古気味だった事に対し、
各店舗さんが努力して来ていたものがようやくユーザー側にも
明確な形で見えて来た回だったのかなぁとも思います。
もしそうなら、もうすぐ一度淘汰タイムが来る可能性もありますか。

ともあれ、こちらも色々感謝でした。
また次回、ですね。

TONGARI Take│URL│2013/03/25(Mon)20:44:12│ 編集
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/1543-80de6cdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。