「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2013/03/06
21:30:56
さーて、本日の石日記参りましょう。

今回は前回より鉄鉱物で繋げます。
何気に各所からちまちま集まりつつある、鉄系を代表するコイツで。

黄鉄鉱_南アフリカ1_480
見事な力加減。

南アフリカはKuruman、銘山ヌチュワニンより黄鉄鉱です。
実サイズは25x15x10mm程のサムネイル級、灰黒色の塊状マンガン鉱を
母岩として六面体結晶が輪座し、しかしきちんと角型を保持する程度に
纏まった黄鉄鉱が独特の存在感を放つ一品です。
結晶同士の食い違い部分が多く判り辛いですが、ほぼ完全にノーダメージな
上に鮮度も高く、かなり優秀な標本と言って良いかと思います。

ヌチュワニンは主にマンガン系の鉱物産出で有名なエリア。
当ブログでも既に出身品として菱マンガン鉱オルミ石ハウスマン鉱など
数種が登場しておりますが、その殆どがマンガン絡みです。
実際には結構他のものも出るようなのですが、何故かスポットが当たるのは
マンガン系鉱物の頻度がやたらと高め。
まぁ世界最大のマンガン鉱体であるカラハリマンガンフィールドに位置すると
いう事情は多分にあるのでしょうが、それにしても極端な気も。
そうなると、いつぞやのアフガンの時のように隅っこ族を探してしまうのが
私の習性な訳でして(苦笑)、この子はそういう普段脇役でしかない子が
晴れて主役の舞台に立ったという一品でもあります。

しかしそれらを抜きにしても、この輪座具合は御見事。
これ以上結晶が多過ぎるとノジュール状になってもっと丸っこくなってしまい
この金属鉱らしい鋭い気配は薄れてしまう。
だからと言って少な過ぎると今度はただの群晶になってしまう。
この子はそんな隙間の丁度「輪座結晶」としてのベストの位置に見事
ぴたりと着地した感があって、一目で気に入ってしまったのですよ。

黄鉄鉱は我が家でもかなり多数派に入る鉱物。
金属を出せば何処ででも出ると言われるほど普遍性の高い鉱物だけに
数がやたらと出るものではありますが、何だかんだで個性的な子が
多くて実に楽しい。
もしかしたら水晶・柘榴石に続く第三の系統蒐集対象として既に無意識の内に
我がコレクションの中で立場を確立してしまっているかもしれません。

でも、そうだとしても構いません。
だってそれだけの実力がある、実に愛すべき連中ですもの。(・∀・)


BGM:Jaco Pastorius「Kuru/Speak Like A Child」

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/1538-dc9cc642
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。