「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
20:35:10
主に舌と眼が。

こんばんわ、昨日は通院→CWさん即売会→呑みコンボで遅くに
帰宅となり、記事休載させていただきましたTONGARIです。
いやー、ここ最近纏まって呑んでいなかったのと、相変らず
素晴しい品揃えなのとで大変充実の1日でしたよ。
まぁ、予告通り手は出せなかった訳ですが。 ⊂⌒~⊃。Д。)⊃
横浜参戦出来るように抑えているんですよ…。

それでも1品、少しだけ粉かけて来ましたけどね。(・∀・)

そんな訳で本日の石です。

重晶石菱鉄鉱針銀鉱_ペルー1_480
何となく土と落ち葉のようでもあり。

複数画像なんで折り畳みます。

ペルーはHuancavelica、Julcani鉱山産の重晶石&針銀鉱&菱鉄鉱です。
好物な重晶石ですが、何気に久々な登場の気がします。
実サイズは60x55x25mm程、ほぼ似たような高さに重晶石の板状結晶が
林立した見るからに「板」という感じの一品。
チョコレート色のコート的な色味と針銀鉱(鋼銀色)と菱鉄鉱(ベージュ)の
組み合わせもあって、それほど鮮やかな組み合わせではないながら不思議と
結構強めに華を感じる子になっております。

針銀鉱と菱鉄鉱アップ。

重晶石菱鉄鉱針銀鉱_ペルー1菱鉄鉱針銀鉱
針銀鉱は個々の結晶まではちょっとキビシイ。

こんな菱鉄鉱どっかで見た、と思ったらこれでしたか。( ̄▽ ̄
そういえばあっちもペルーだった。
花弁状の菱鉄鉱は方解石一族の中でも特に儚い美しさがありますね。

母岩はこんな感じ。

重晶石菱鉄鉱針銀鉱_ペルー1方鉛鉱
同系の積層構造。

ベージュっぽいのはコートの無い状態なので色は違って見えますが重晶石で、
その合間に挟まる金属鉱はどうやら方鉛鉱を主体にした鉛亜鉛鉱床系の
硫化金属鉱たちが主のようですね。
方鉛鉱が多い分劈開がはっきりしているので、割と判り易いです。
あと、最下部は砂岩か細粒の苦灰岩っぽい感じの岩ですが、これに
付いては情報不足でいまいち不明。

逆にこっちは思い切り謎。

重晶石菱鉄鉱針銀鉱_ペルー1赤い玉
件のコート材。

重晶石の色味を出している、この細かい結晶の正体。
これに付いてが調べてもどうもはっきりしませんでした。
組み合わせ的な部分と色味から考えると閃亜鉛鉱や濃/淡紅銀鉱、
或いは方解石~菱鉄鉱の別形態とも考えられますが、どうにも
決め手がございませんで。
この中では閃亜鉛鉱が一番クサいと思うんですけど、重晶石の
表面に被っているというのがちょっと引っ掛かりますねぇ。
何かご存知の方、情報プリーズです。

良い原石(但し自分の以外)を一杯見たせいか、気分的に鉱物的な
方面が加油されたようで。
この勢いの内に細かく撮った子達が出せるといいですねえ。

人事みたいに言うな自分。


BGM:人間椅子「夜叉ヶ池」

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/1529-c4b05c67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。